まずはリップを3本そろえて 毎日のメークを自由で楽しいものに

おすすめの美容アイテムを紹介するインスタグラムが話題を集め、4月には初の著書を出版した草場さん。21歳でヘアメークアップアーティストを目指して上京し、独立して12年目。シンプルな中にもその人の魅力を引き出すメークに定評があり、現在ではモデルや女優からも厚い信頼を集めています。「毎日違う現場で違う人と仕事ができ、緊張感はあるけれど、楽しみながら幸せを感じています」と笑顔で話します。

著書の中で草場さんは「メークに苦手意識を持つ人には、まず3本のリップを手に入れてほしい」と提案しています。「3本あると、服に合わせてリップを選ぶ楽しさがありますよね。リップをつけたことで気分が華やぎ、おしゃれに自信が持てるようになることがメークの魅力」と言います。

仕事の現場でも、「メークで顔を変えたい」という意識はなく、「メークをファッションの一部と捉え、その日の服やシチュエーションにマッチした仕上がりを心掛けている」とか。これからも自由に、心弾むメークをするためのヒントを伝えてくれそうです。

Time Schedule

6:00 起床
10:00 取材
11:30 イベント打ち合わせ
14:00 長崎書店でトークイベント
19:00 実家へ帰宅
20:00 夕食
23:00 就寝

草場 妙子さん

草場 妙子さん
1979年、宇土市生まれ。熊本で3年間、美容師として働いた後、上京。ヘアメークのアシスタントを経て、2006年独立。現在、雑誌や広告、CMなどでヘアメーク担当。18年4月「TODAY’S MAKE UP­―今日のメイクは?―­」(アノニマ・スタジオ)出版。東京都在住。

Information

インスタグラム(@kusabataeko)では、草場さんお気に入りのコスメやその使用感を紹介しています