ケガのリハビリで始めたトレイルラン プロとして世界の頂点を目指す!

舗装されていない山道を走る「トレイルランニング(通称トレラン)」は、タイムを気にせず走れ、自然との一体感を味わえると近年、愛好者が増えています。

荒木さんは学生時代、箱根駅伝などでも活躍しました。しかし、2012年のマラソンレース中に筋断裂の大けがを負い、リハビリの一環として始めたのがトレランでした。初めて出た大会で優勝し、のめり込んだといいます。「自然を楽しめる半面、山道など危険を伴う競技です。心身ともに自己のコントロールが求められる“大人のスポーツ”に魅力を感じます」。今ではトレランのプロランナーで、5月にスペインで行われた世界選手権では日本人最高位の12位に。

ランニングスクール指導の傍ら、3月からは和水町議として地元のために奔走する日々。練習ができないときもありますが、「プロとして、子どもたちが憧れる存在になりたい」と妥協はしません。

荒木さんが暮らす和水町は、来年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三の出身地。その遺志を継ぎ、多くの人に走る喜びを伝えながら、自身も世界のトップにチャレンジします。

Time Schedule

5:00 起床、朝練(1時間程度)
8:30 幼稚園への送迎
9:00 打ち合わせ、取材対応など
13:00 ランニングスクールのメニュー作成など
16:00 自主練
18:30 ランニングスクール指導
22:00 帰宅
24:00 就寝

荒木 宏太さん

荒木 宏太さん
1984年、和水町生まれ。鎮西高校から山梨学院大へ進み、大学三大駅伝に出場。陸上自衛隊、日本郵政を経て2013年から熊本に拠点を移し、プロトレイルランナー、ランニングスクールのコーチに。3月から和水町議会議員。妻と2男1女の5人暮らし。

Information

荒木さん主宰のランニングスクール「フォーミュラK」について、詳しくはFacebookで。
https://www.facebook.com/KFRunningSchool/