心身バランスの崩壊から 救ってくれたヨガの魅力を伝えたい

サラリーマン時代は仕事に明け暮れ、自分や家族を顧みない生活。やがて破綻を来し、吉本さんは心身のバランスを保てなくなってしまいました。「朝、目が覚めたら起き上がれなくなっていたんです。メンタルが崩れるような人間じゃないと思っていたのに」

かかりつけの医者から体を動かすことを勧められ、出合ったのがヨガでした。「呼吸を通じて自分がどんな状態にあるのかを見つめてください。今ある自分を認めてあげてください」。そんなインストラクターの声に委ね体を動かすと、涙が止まらなくなったといいます。「いろいろな感情があふれ、涙で洗い流されました。同時に、この素晴らしいヨガの魅力を伝えていく仕事をやってみたいという希望の火が、心にともりました」

その後、吉本さんは「全米ヨガアライアンスRYT200」の資格を取得。現在は、県内外の複数のスタジオでレッスンを行っています。サラリーマン時代より働く時間は長くなったのに、「楽しい」と度々、感じるのだとか。「全て自分が好きで選んでやっていることだからでしょうね」と笑顔で話します。

Time Schedule

6:00 起床。30分のヨガ
10:30 午前中のレッスン(60分)
14:30 昼食後、午後のレッスン(75分)
16:30 自宅に戻り事務作業など
19:30 夜のレッスン(75分)
21:00 帰宅し夕食。24時に就寝

吉本 憲太郎さん

吉本 憲太郎さん
1978年、尼崎市生まれ。小学生の頃から熊本で過ごす。大学卒業後、自動車ディーラーの営業、大手流通チェーンの経営カウンセラーとして勤務。2016年に退職し、ヨガインストラクターに転身する。Manduka Japanアンバサダー。合志市在住。

Information

吉本さんが行うレッスンなど、詳しくはホームページで。
https://ken-yoga-kumamoto.amebaownd.com