熊本から世界へ発信する 漫画の作り手を育てる

九州をはじめ、東南アジア各国の漫画家や編集者を育てる拠点として、昨年10月、『コアミックスまんがラボ』が鶴屋WING館7階にオープンしました。持田さんは東京で漫画雑誌の編集などを手掛ける『コアミックス』編集部と地方の作家をつなぐ存在として熊本に赴任。「編集者にとって若手の育成も大事な仕事。東京で持ち込みを待つだけでなく、地方で漫画家の卵を育てる体制を作ろう、というのが熊本にラボを作った理由です」。『コアミックス』の堀江社長をはじめ、現在活躍する漫画家や漫画編集者には熊本出身者が多く、「全国に類を見ない“漫画県”でもあります」と持田さん。

東京と熊本を行き来する生活を始めて半年。「熊本の人はスケールが大きく、喜怒哀楽が直球で、わさもんの気質が面白い」。発想や感性との出合いにワクワクしているそうです。

週末には、中学生が漫画を持ち込んだり、小学生が絵を描きに来たりするそう。「ラボからヒット作を生み出して、世界中の漫画家が集まる大きな“トキワ荘”を熊本に作りたいですね」

Time Schedule

8:30 起床
10:00 出社 東京の編集部との打ち合わせなど
19:00 退社後、同僚と飲み二ケーション
21:00 帰宅後、ゲームなどを楽しむ
24:00 就寝

持田 修一さん1967年、奈良県生まれ。大学進学で上京。92年に「小学館」のライター新人賞を受賞、フリーライターに。30歳で「集英社」編集者の堀江信彦氏と出会い漫画の編集を経験。2000年、『COAMIX』に入社、2018年『熊本COAMIX』社長就任。

持田 修一さん
1967年、奈良県生まれ。大学進学で上京。92年に「小学館」のライター新人賞を受賞、フリーライターに。30歳で「集英社」編集者の堀江信彦氏と出会い漫画の編集を経験。2000年、『COAMIX』に入社、2018年『熊本COAMIX』社長就任。

Information

「コアミックス九州まんが賞」応募作品募集中!
https://mangalab.jp/
TEL:096-353-3300