活躍の場は"熊本から世界へ" 未来の技術者の卵をサポートしたい

理系離れが進む青少年にモノづくり体験を通して工学分野への関心を持ってもらおうと、2007年にNPO法人HITOプロジェクト(熊本市)が設立されました。前原さんは、同法人が主催するロボット・プログラミング教室で、子どもたちの指導を行っています。

教材にはLEGO社のマインドストームを採用。視覚的なオブジェクトで組むビジュアルプログラミング言語を使用するので、難しい知識は不要とか。「自分が作ったロボットを、自分で動かした!という感動と成功体験を得ることが、次の挑戦につながります」。前原さんは子どもたちが自ら気づきを得るよう指導することを心掛けています。「いかに”いい失敗”をさせるかが大切です。トライアル&エラーを行うことは、どの分野にも生きてきますから」

同法人は、大学と協力して世界有数の国際ロボコンの熊本大会を開催。昨年は、この大会から日本代表選手も輩出しました。”熊本から世界へ”を合言葉に、「世界にチャレンジするための場をつくり、グローバルに活躍できるようサポートしたい」と夢を語ってくれました。

Time Schedule

8:30 起床
10:00 メールチェック、情報収集など
15:00 ロボット・プログラミングクラブ
18:00 デスクワーク、SNSなど情報発信、指導用ロボットの試作
22:30 帰宅。1時半に就寝

前原 栄輔さん 1984年、宇土市生まれ。工業高校、技術短大でPCアプリの扱い方やプログラミングなど情報技術を学ぶ。2007年に設立されたNPO法人HITOプロジェクトにボランティアで参加。11年より同法人の事務局、16年より理事・事務局長として活動する。

前原 栄輔さん
1984年、宇土市生まれ。工業高校、技術短大でPCアプリの扱い方やプログラミングなど情報技術を学ぶ。2007年に設立されたNPO法人HITOプロジェクトにボランティアで参加。11年より同法人の事務局、16年より理事・事務局長として活動する。

Information

「ロボット・プログラミング教室」の開催情報など、詳しくはHPへ。
http://www.npo-hitoproject.or.jp/