試行錯誤して星空解説を手作り プラネタリウムをもっと身近に

昨年12月にリニューアルオープンした熊本博物館のプラネタリウムで、全国でも少なくなったライブで行う「今日の熊本の星空解説」を担当しています。

幼い頃からプラネタリウムが大好きだった宮本さん。「プラネタリウムに関わる仕事がしたい」という夢を、結婚・出産を経験した後に実現させました。

星空解説で使う台本は、先輩の解説を参考に作成したオリジナル。「もっと星を見てみたい」と思ってもらえるように星座の話、順番、見せ方などを試行錯誤しています。「解説を聞いた人が、『プラネタリウムが楽しかったから今夜、空を眺めて星を探してみます』と言ってくれた時にやりがいを感じます」

最近は、家族で星空を見ながら子どもと会話することも多いとか。「果てしなく遠い宇宙には、分からないことがたくさんあるんだということを知って、興味を持ってほしい」

プラネタリウムの楽しみ方は学び、鑑賞、癒やしなどさまざま。「まずはプラネタリウムをみんなが気軽に体験してほしい」というのが、宮本さんの願いです。

Time Schedule

6:30 起床、朝食
7:30 子どもを学校へ
9:00~15:45 勤務
16:30 帰宅
19:00 夕食
23:00 就寝

宮本 藍さん

宮本 藍さん
1979年生まれ。熊本学園大卒業後、県内のビール工場に就職。工場見学の案内係を務める。結婚・出産後、英会話講師などを経て、2018年から現職。熊本市内で家族4人と暮らす。

Information

熊本博物館プラネタリウムでは、新番組「賢治の星座早見」を投影中。GWもイベントがあります。詳細はHPで。