街なかのビルの屋上で星空観察 身近な場で星を見る機会を提供したい

熊本市内の中心市街地にあるビルの屋上で「まちなか星空教室」を定期的に開催。天体望遠鏡を使って「天文台に行かなくても、身近な場所で星空観察を楽しんでほしい」と、家族連れなどに星空の魅力を伝えています。

輝く星に興味を持ったのは中学生の時。阿蘇で行われた学校行事のキャンプで初めて望遠鏡に触れ、土星の輪の立体的なリアルさに感動しました。「星や惑星を身近に感じた瞬間でした」

観察会では自らを「星空案内人」と名付け、帽子とマントを着用して魔法使いに扮(ふん)し、非日常を感じられる空間や時間になるよう演出。星にまつわる神話などを織り交ぜたオリジナルの解説で、宇宙の広大な世界へ誘います。「望遠鏡をのぞき込みながら親子が『あの星に宇宙人がいるかもしれないね』などと話している様子を見るとうれしい。忙しい日常を忘れ、フッと心が緩む時間になれば」とほほ笑みます。

ユーチューブでも星空の動画を解説付きで発信しています。「肉眼で見える星もたくさんあるので、多くの人に夜空を見上げてほしいですね」

Time Schedule

7:00 起床、食事や星
~ 空教室の準備
15:00 運動、散歩など
18:00 会場の設営
19:30 星空教室スタート

21:00 終了後、片付け
22:00 帰宅後、夕食
23:00 就寝

ポーリー 村田さん
本名・村田祐樹。1980年、合志市生まれ。鹿児島大学卒業後、2007年から1年間、ニュージーランドで日本人向け観光ツアーの星空ガイドを務める。帰国後、南阿蘇ルナ天文台入社。14年、福岡県八女市星野村認定「星ソムリエ」に。熊本市で家族3人暮らし。

Information

星空教室の開催告知はLINEで。https://lin.ee/9jVhJKk で検索後、友だち追加を。