イワンの馬鹿

作:レフ・トルストイ 訳:小宮由 絵:ハンス・フィッシャー

これまで数々の日本語訳がなされてきたトルストイの代表作の一つで、特に「イワンのばか」の邦題で人口に膾炙(かいしゃ)したロシア民話に新訳が加わりました。今回、新訳を手掛けたのは、100冊以上の児童書翻訳のキャリアを持つ小宮由さん。なんと、熊本出身でトルストイ専門の翻訳家としても有名な北御門二郎さんのお孫さんに当たる方です。現代人の語感に合った、とても読みやすい訳文に仕上がっています。

さて、本書『イワンの馬鹿』ならではの特長が、ハンス・フィッシャーによる挿絵です。力強くリズミカルな線画はそれ自体がきれいで楽しく、また、お話をイメージする大きな助けになってくれることでしょう。造本も美しいので、プレゼント用としてもお薦めします。

「清廉愚直」なイワンの生き方は、幾時代を経ても人の心を打ってやみません。いかなるフェイクがまかり通る世の中になったとしても、イワンはあなたを決して裏切らない。

価格 1600円(税別)
発行 アノニマ・スタジオ

紹介するのは

長崎書店
児玉 真也さん

書店員歴10年