あきらがあけてあげるから

作・絵:ヨシタケシンスケ

読んだ人をユーモアと温かさで幸せにさせるヨシタケシンスケさんの新作絵本を紹介します。

チョコレートが食べたいのに、袋が開けられない、あきらくん。
もう少し大きくなったら、自分の分も、みんなの分も「ぜーんぶあけてあげる!」と意気込みます。そう、どんなものでも!

また、「ジュースのふたを開けて」とお願いするとなんだかうれしそうなお父さんにも注目です。その理由と思いにちょっとウルっとしてしまいます。子どもの心の内も、親の思いも伝わってくる、とても共感できる絵本です。

いつものヨシタケさんならではのユーモアもたっぷりで、読んでいると自然と笑顔になりますよ。かわいいイラストやオノマトペもたくさん登場し、テンポよく進むので、読み聞かせにもピッタリです。ちなみに、前作のキャラクターも友情出演していますよ。この絵本はぜひお父さんに読み聞かせをしていただき、親子で楽しんでいただきたいです。父の日のプレゼントにもどうぞ。

PHP研究所 17×17cm
定価 1100円

紹介するのは

金龍堂まるぶん店
尾方 友紀さん

おいしいアイスほうじ茶ラテを探しています