つんどくよんどく

ひゃくおくまんのサンタクロース

文:もたいひろこ/絵:マリカ・マイヤラ

もうすぐクリスマス。今回はサンタクロースの正体がバレてしまったときに読んでいただきたい絵本を紹介します。ですので、サンタを信じているお子さまには絶対に見せられない秘密の絵本です。お取り扱いには十分ご注意くださいませ!

昔々サンタは1人でした。しかし子どもたちの数が増え、一晩でプレゼントを配ることができなくなりました。そこでサンタは神様にお願いして2人になります。ただし体の大きさは半分に。その後もサンタはどんどん増えて、どんどん小さくなって、ついには…。

フィンランドで生まれた絵本で北欧風のイラストがとても美しく温かみがあります。何としてもプレゼントを配ろうとするけなげなサンタと子どもたちの笑顔が印象的です。サンタクロースの新解釈とでもいうべき、ある意味衝撃的な内容ですが、サンタさんの正体が分かってもなお、サンタはいるのだと信じられる絵本です。毎年、こっそり頑張っているサンタさんにぜひ読んでいただきたいです。

発行 アノニマ・スタジオ
判型 25×17cm
価格 1650円

紹介するのは

金龍堂まるぶん店
尾方 友紀さん

おいっ子もほうじ茶ラテにハマってくれました!