つんどくよんどく

いま、幸せかい? 「寅さん」からの言葉

著者:滝口悠生

2022年は寅(とら)年ですね。姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅さんの本を紹介します。

著者・滝口悠生さんは、映画「男はつらいよ」を題材にした、きわめて独創的な傑作小説『愛と人生』も書いており(これでちょっとした文学賞も取っています)、大の寅さんマニアとして知られています。そんな著者が長年のファンにはもちろん、寅さんビギナーにも、その魅力を伝えるべく編んだ本書は、寅さんの名言をサクっと短く切り取って列挙しただけではない、いわば「読む名場面集」になっているところに特色があります。やりとりの妙や、場の空気感をひっくるめて読むからこそ際立ってくる、一つ一つのセリフの重層的な滋味深さ、人情味を楽しめます。寅さんの言葉には、こわばった心をほぐしてくれる効能がたっぷり。ぜひ映画もご一緒に。

口を開けば名調子。器の大きい愛すべき人、寅さん!
「ほら、見な。あんな雲になりてえんだよ」

価格 880円 新書判 文藝春秋

紹介するのは

長崎書店
児玉 真也さん

書店員歴10年半くらいです