「どうぶつサーカスはじまるよ」

作:西村 敏雄

お子さんのいるご家庭では、絵本の読み聞かせは必修といってよいのではないでしょうか。うちでもほぼ毎晩、やっています。子の人数分+数冊のノルマは、読み手の具合が悪く、風邪で声がつぶれていても関係ありません。少々しんどい時もありますが、本を読んでいる時の子どもの真剣なまなざし、読み終わった後の歓声など、こちらも何かかけがえのない物をもらっているような気がします。

絵本は親が好みで選んだり、子に選ばせたりしているのですが、この本はうちの子が選びました。次々と出てくる芸達者な動物たち、クライマックスのブタくんの空中ブランコ…。絵本の観客と同様に,「ブーターくん!」と一緒にエールを送り成功すると大きな拍手!!

読み聞かせの醍醐味(だいごみ)は、絵本の世界に真剣に入り込んでいる、子どもの息づかいを間近で聞けることだと思います。西村敏雄さんの味わいのある絵と共にお薦めです。

紹介するのは

長崎書店
杠(ゆずりは) 由香さん

JPIC読書アドバイザー 語学・地図ガイド・配達担当 上通界隈、うろうろしてます