あおいアヒル

作:リリア 訳:前田 まゆみ

敬老の日も近いのに、大切な人に会うことさえままならない。そんな日々にぜひ読んでいただきたい絵本をご紹介します。

ある日、あおいアヒルは赤ちゃんワニに出会います。「ママぁ」と呼ばれ、アヒルはワニを大切に育てます。家族として過ごす幸せな時間―。やがてワニは立派に頼もしく成長します。でも、アヒルはいろんなことを忘れ始めます。食事も好きな物もワニのことさえも。子どもが成長するといつの間にか訪れる、親子の役割が変わる瞬間が優しく強く描かれています。

青と白とグレーだけで描かれたイラストはシンプルで美しく、ワニとアヒルの優しくかわいらしい表情にも癒やされます。

絵本に描かれているのは、ずっと変わらない揺るぎない親子の愛情。きっと、現実は厳しくて絵本は幻想かもしれません。でも、お互いが重ねてきた時間、思い合う気持ちは変わらないと信じています。会えなくても、心まで距離を置かないように、大事に思っている気持ちを再確認してはいかがでしょうか。

定価 1300円(税別) 20×25cm 主婦の友社

紹介するのは

金龍堂まるぶん店
尾方 友紀さん

ほうじ茶味の水ようかんを食べてみたい!