新 ガラクタ捨てれば自分が見える

著:カレン・キングストン 訳:田村 明子

今年もあっという間に終わりそうですが、大掃除はもうされましたか?

もう数年前のことになりますが、ある日ふとこの本を本屋さんで手に取り、購入。読み終わると同時に居ても立ってもいられなくなり、すぐさま片付けを始めました。部屋がずいぶんすっからかんになった記憶があります。もう何年も前なので、今では元通りになっていますが…。なので、「またこの本を読まねば!」と思っています。

この本の素晴らしさは、ガラクタを捨てることで人生にどんなことが起きるのか、逆に捨てずにいることで、どんなことが起きるのかを詳しく説明してあるところです。

家の中は自分の頭の中や心の中と同じ。家がごちゃごちゃしていると、頭の中もごちゃごちゃになりがちではないでしょうか。頭や心がすっきりすれば、体もすっきりしてダイエットにもつながるかも。心と体はつながっているので、そういうこともありそうです。新年をすっきり迎えたい人におすすめです。

定価 638円(税別) 文庫判 小学館

紹介するのは

長崎書店
石川 龍一さん

JPIC読書アドバイザー。精神世界、コミック担当