火の国元気スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今季のBリーグは打ち切りとなりました。熊本ヴォルターズは、B2西地区4位で、昇格の夢は、またも持ち越されました。

無念のリーグ戦打ち切り 悔しさバネに来季へ

ヘッドコーチや選手を一新し、昨年までの課題であったディフェンスを重視する戦術に大転換して挑んだ今シーズン。しかし、開幕戦で、今季B3から昇格してきた越谷に敗れると、その後も波に乗れず、12月にはBリーグ参入後、ワーストとなる7連敗を喫したこともありました。

しかし、1月に世界各国のクラブで経験を積んできたマーカス・ブレイクリー選手が加入すると、チームの雰囲気が一変。西地区トップを独走していた広島に勝利したほか、2月には今季初となる3連勝も果たしました。

プレーオフ進出に向け、まさに「これからだ!」と選手もブースターも手応えをつかみかけていた時機に起きた、世界的な感染拡大には選手・チーム関係者とも残念な気持ちでいっぱいです。

今季は20勝27敗。B2参戦4季目で最低の成績となりました。この結果を受け止め、チームがどう進化していくのか? 私たちにできることは、信じることのみ。熊本地震など多くの困難を乗り越えてきたヴォルターズなら必ず乗り越えられるはずです。

チームに変化をもたらしたマーカス選手

まさに大車輪の活躍を見せた司令塔・石川海斗選手

キッズブースターからのエール!

いつも元気と勇気を与えてくれるヴォルターズの選手たちへ、熱い応援メッセージを送ってみませんか?

●応募方法 チーム・選手への応援メッセージを記入した画用紙などを持って、撮影した写真データ(氏名・連絡先も記入)を以下のアドレスまでお送りください
●応募対象 小学生以下のヴォルターズ大好きキッズ
●アドレス o.ondo.kumamoto@gmail.com

※応募いただいた個人情報は、紙面づくりの参考にのみ使わせていただきます
※紙面の都合により掲載できない場合もあります。ご了承ください

ゆいは

ラディ(左)&レハン


熊本ヴォルターズの情報は熊日朝刊でもお伝えします。