自分のスキルや能力を磨いて、社会で役立ててみませんか

熊本市では、「人づくり基金」の平成30年度後期(おおむね10月~翌年3月に開始する研修などが対象)の援助申込者を7月13日(金)まで募集しています。「人づくり基金」とは、環境や福祉、文化など社会の幅広い分野で、将来の熊本市のリーダーとしての役割を果たせる創造性豊かな人材を育てることを目的にした制度です。自分の専門分野を深く学び、スキルをさらに磨いて社会に貢献したいという方は、このチャンスを生かしてみませんか。

同基金では、社会に貢献しようという熱意のある人を募集し、研修を受けるための費用を支援。過去に海外での音楽やバレエの研修、国内での伝統芸能に関する研修などの実績があります。なお、昨年度は4名が学びの場を求めて基金を利用しました。

申し込み方法など詳細は『熊本市文化振興課』までお問い合わせを。ホームページでも詳しく紹介されています。

■寄付を受け付け中

同基金では、これまで200を超える個人・団体に支援を実施してきました。今後も多くの方への支援を続けていくために、寄付を受け付けています。寄付の方法や詳細については、同市文化振興課に電話でお尋ねを。

ジョフリーバレエスクール(アメリカ)で、約2カ月間研修を受けた小山由衣さん(写真中央)

岩下榛華さん(写真左)は約10カ月間、リスト音楽院(ハンガリー)でフルートの研修を受けました

【対象者】熊本市内に住所を有する方、もしくは同市に本拠地または事務所がある団体(市税を滞納していない方に限る)
【援助内容】海外・国内研修…100万円限度(旅費の一部を加算)/その他…50万円限度/褒賞…30万円限度
【募集期間】7月13日(金)まで(おおむね10月~翌年3月に開始する研修などが対象)