どなたでも無料で参加OK 不動産に関する話を専門家が解説

『(一社)熊本県宅地建物取引業協会』・『(公社)全国宅地建物取引業保証協会熊本本部』主催の「本部主催研修会」が、県内4会場で開催されます。熊本市会場では外国人の居住に関する話が聞けるほか、弁護士が民法改正に伴う売買・賃貸契約のポイントについて講演。実際の事例を挙げ、丁寧に解説してくれます。また、「宅建セミナー」も開催予定。詳細は下表の通り。

いずれも受講料は無料、申し込み不要。取引のトラブルを避けるためにも、正しい知識を学びませんか。不動産業に関わる方だけでなく、どなたでも参加できます。

【令和元年度 第2回 本部主催研修会】

1月30日(木) 熊本市会場/メルパルク熊本(3F阿蘇の間)
1月31日(金) 八代会場/やつしろハーモニーホール(多目的ホール)
2月4日(火) 玉名会場/玉名市民会館(別館第2会議室)
2月5日(水) 天草会場/天草市民センター(第2会議室)

時間:受付12時30分、開会13時(共通)
(1)「外国人住民の居住とその対応について」
講師:(一財)熊本市国際交流振興事業団 八木 浩光氏
熊本市会場のみ:13時10分~13時20分

(2)
「民法改正に伴う望ましい売買契約のポイント」
「民法改正に伴う望ましい賃貸契約のポイント」
講師:深沢綜合法律事務所 髙川 佳子 弁護士
熊本市会場:13時20分~16時30分
その他の会場:13時10分~16時20分

◇第2回 宅建セミナー◇

日時:2月13日(木) 18時30分~20時50分
会場:くまもと県民交流館パレア(9階会議室1)
(1)「不動産のおとり広告について」
(2)「身近にできる防災対策~地震、風水害、火災~」