変わる就職活動の今 オンライン"就活"攻略法[準備編]

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、企業の集団説明会が中止となるほか、OB・OG訪問や面接もオンラインになるなど、新たな採用活動がスタートしています。就活生にとっては、対面での就職活動と違い、オンライン上でどう自分をアピールすればいいのか不安も多いでしょう。オンライン就活を乗り切る方法をキャリアコンサルタントに聞きました。


出会いのチャンスが増える 好機と捉えましょう

来春卒業し、就職を目指す皆さんの中には、今春に開催予定だった合同説明会や企業訪問が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一斉自粛となり、「出遅れてしまった」と焦っている人も多いのではないでしょうか。

例年であればこの時季は、内々定をもらう人も出始める頃ですが、今年は6月ごろから、採用活動が本番というところも多いと思います。就活生は、今後に向けて気持ちを切り替え、前に進むしかありません。

この情勢は今年に限ったものではなく、今後はオンラインによる採用活動がさらに増えるでしょう。もちろんすべてがオンラインになるということではなく、対面とオンラインを併用する企業が多くなると思います。学生は新型コロナの影響で、「大変…」と後ろ向きになるのではなく、これまで応募をためらっていた遠方の企業にもチャレンジできるなど、出会いのチャンスが増えることで、より多くの企業とつながれる好機と捉えましょう。


Web面接ができる環境が整っているかチェック!

スマートフォンで面接を受ける場合は、必ず本体を固定して、動かないようにしましょう。また、できれば就活用のアカウントを用意すること。プライベートのアカウントを利用する際も写真は履歴書の写真に変更しましょう。

機器のカメラの位置はとても重要です。パソコンの下にカメラが付いている場合は、見下ろす感じになるため、印象が暗くなりがちです。実際に画面に映る姿を確認しましょう。

いざ面接がスタートした後に、「音声が聞こえない」「音声が途切れる」「画面が映らない」では困ります。事前にチェックしておきましょう。

自宅で行う場合は、画面に映る背景と通信環境を整えて置くことが大切です。なるべく明るい色で、装飾のない壁が背景となるようにするとよいでしょう。


服装や化粧など、身だしなみをチェック!

服装や化粧、髪形などは、自宅であっても対面の面接時と同様です。必ずスーツ着用で臨みましょう。「どうせ見えないから」と、上半身だけ着替えるなどはNGです。気持ちのスイッチを入れ替えるためにも、身なりをキッチリ整えましょう。

業種によっては、「カジュアルな服装でよい」となっているところもあります。しかし、カジュアルな服装=普段着ではありません。


話を聞いたのは…

キャリアコンサルタント
広瀬美貴子さん

進路アドバイザー、キャリア入門大学非常勤講師、
熊本県しごと相談・支援センター相談員

オンラインでの面接では、対面の面接と異なり、表情やちょっとした所作から感じ取れる人柄までは見てもらえません。場合によっては、意図しない印象を与えてしまうこともあります。模擬面接などでしっかり準備をしてから、本番に臨みましょう。

自宅などで、面接を受けられる環境が整わない人は、大学のキャリア相談室などに相談してみるといいですね。