【467号】街のランドマーク 熊本市内中心部の白川に架かる橋の名前 知っていますか?(下)

市街地を流れる白川に架かる橋の名前と由来を探るシリーズ。大甲橋から上流について紹介した「上」に続き、今回は安政橋から下流に架かる橋について整理してみました。古くは江戸時代に架けられた橋もありましたよ。

大甲橋から見る明かりがともった安政橋。奥は銀座橋



07 安政橋(あんせいばし)

安政4(1857)年、巳(み)の年、長六橋に次いで白川に架けられた橋。その年号にちなみ安政橋と名付けられ、後に年号と干支から安巳(やすみ)橋とも呼ばれるように。現在は両方の名称が使われています。明治末には、ここから水前寺まで熊本軽便鉄道が敷設されました。小泉八雲が、熊本の思い出をもとに書いた短編小説「橋の上で」の冒頭に出てくる橋はコレ。道幅が狭く終日一方通行です。

水前寺まで走った軽便鉄道をモチーフにした街灯が今も残ります

水前寺まで走った軽便鉄道をモチーフにした街灯が今も残ります


08 銀座橋(ぎんざばし)

先は本荘、手前が銀座通り


09 新代継橋(しんよつぎばし)

熊大病院横。安政橋から代継橋まで約200mの間隔で橋が架かっています。

熊大病院横。安政橋から代継橋まで約200mの間隔で橋が架かっています。


10 代継橋(よつぎばし)

車の往来が多く6車線あります。本荘側にあった旧代継宮の脇を通っていたことからこの名に(現在、代継宮は北区龍田に移転)。昭和45(1970)年までは、南熊本駅へと続く熊本市電春竹線が通っていました。

橋の両側の歩道に踊り場があり、白川の流れを眺めることができます

橋の両側の歩道に踊り場があり、白川の流れを眺めることができます


11 長六橋(ちょうろくばし)

一番古い!

国道3号が通る橋。慶長6(1601)年に架けられたことから長六橋と名付けられました。加藤清正が熊本城築城時、白川に架けた最初の橋です。度重なる水害で何度も架け替えられましたが、昭和初期のアーチ橋は、6・26水害にも持ちこたえたそう。

昭和40(1965)年まで、熊本市電川尻線が走っていました

昭和40(1965)年まで、熊本市電川尻線が走っていました


12 泰平橋(たいへいばし)

ニュースカイホテル横。川沿いに遊歩道が続き、夜はブルーの光でライトアップ!

ニュースカイホテル横。川沿いに遊歩道が続き、夜はブルーの光でライトアップ!


13 白川橋(しらかわばし)

熊本駅白川口の正面に位置。歩道には「フライングライト」と呼ばれるオブジェ風の屋根があり、日が暮れると発光して、辺りは幻想的な雰囲気に。

高層マンションをバックに、近未来的な感じ!


14 世安橋(よやすばし)

人と自転車のみ通行できます(ペットもOK!)

人と自転車のみ通行できます(ペットもOK!)


15 新世安橋(しんよやすばし)

中央区世安町の世安交差点の西に架かる橋。古町小近くの小さい公園には、明治5年から3年間、白川県庁(当時の県名は白川県でした)が置かれていたことを示す「明治天皇行幸白川県庁跡」の説明板が立ちます。「白川の水害に度々悩まされた」ことが、熊本城内へ県庁が移転する理由の一つだったとか。


(上)で紹介した橋も一緒に保存版。


【取材協力】NPO法人 白川流域リバーネットワーク