時短勤務で手取りが減少 夫の扶養に入ったほうが得?

Q.

子どもを保育園に預けて、共働きしています。下の子が生まれて職場復帰して以降、私は時短勤務をしています。そのため、フルタイムの時と比べると手取りが月5万円ほど減りました。保育料が高く、社会保険料もガッツリ天引きされるので、いっそのこと収入を抑えて夫の扶養に入ったほうが得なのではないかと考えることもあります。

住宅ローンは小まめに繰り上げ返済し、残高は1500万円ほどになりました。住宅ローン控除を受けてもなお所得税を納付しているので、iDeCo(イデコ=個人型確定拠出年金)を検討しています。節税に有効でしょうか。


A.

社会保険の扶養に入ることができるのは、年収130(条件によっては106)万円以下の人です。手取り額から計算すると、現状でも、まりうさぎさんの年収は230万~270万円はあるはず。そのうち社会保険料は32万~38万円程度の負担と思われます。

社会保険料を負担するか否かは、将来の年金受給額に非常に大きく影響します。また、病気などで休業した場合などに手厚い保障が受けられるのも、被保険者本人のみ。ご本人が働きたくないのであれば別ですが、長期的なキャリアを考えても、現在の年収を100万円以上切り下げてまで扶養に入るのは、得策とはいえません。

iDeCoについて、公務員の加入上限は月額1万2000円ですから年間14万4000円まで所得控除が受けられますね。実際の節税額は、所得額に応じた税率によって変わりますが、節税に有効であることは間違いありません。

勘違いしたくないのは、iDeCoはあくまで老後資金の準備手段であるということです。節税はおまけと考えて、積立金をいかに運用できるかに注視しましょう。

借入条件から、住宅ローンの繰り上げ返済は逆に損かも!? 住宅ローン控除が適用される間は控えたほうが良さそうです。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

育休明けの仕事が未定
ローンや保険も気になる

お楽しみに!