有期労働契約で同じ会社に5年を超えて勤めている方が対象

現在、契約社員や派遣社員、パートタイマー、アルバイトなど、有期労働契約で働いている方に朗報! 労働契約法の改正により、平成30年4月から「無期転換ルール」が適用されます。

「無期転換ルール」を適用すれば、安心して同じ職場でずっと働き続けることができます

「無期転換ルール」を適用すれば、安心して同じ職場でずっと働き続けることができます

■5年を超え働くと無期労働契約への転換が可能

「無期転換ルール」とは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたとき、期間の定めがない無期労働契約に転換できるルールです。平成25年4月1日以降に結んだ有期労働契約が対象で、労働者が、勤めている会社に無期転換を申し込むと、有期労働契約満了後に無期労働契約へと転換できます(下表参照)。

転換後の待遇については、それまでと変わらない場合もあれば変わる場合もあり、企業ごとに異なるそう。「万一のトラブルを防ぐために、口頭ではなく、申込書の様式を作成して書面で申し込んでください」と『熊本労働局雇用環境・均等室』。

「自分はルールが適用される対象者なのか?」「突然、雇い止めされた」など、疑問や不安がある際は、同室に気軽にお問い合わせを。

【契約期間1年の場合】

【契約期間1年の場合】