「病気療養中の方、障がいのある方、悩んだり、望みを諦めたりしていませんか」

『株式会社ファーマダイワ メディサポライフ』が始めた「メディサポライフ」は、新しい療養生活の支援サービス。

「末期がんなどの重い病気で苦しんでいるのに、日常生活動作で“自立”とみなされて介護保険の認定が下りない」「介護認定は受けたが、欲しいサービスは対象外で諦めている」といった悩みを抱える方が多いそう。このような看護と介護のさまざまなニーズに応えようと、看護師や保健師、介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士などの資格を持つ経験豊かなスタッフが有料で医療と生活のサポートを行います。

「どこに相談すればよいか分からないとお悩みの方、諦めないで、ご連絡を」とスタッフ。

主な内容の一つが、看護師による医療支援。例えば通院に付き添って主治医の診察に同席し、症状や治療内容を詳しく尋ねて家族に報告します。対象は幼児から高齢者まで誰でもOK。医療ケアが必要な子どもの修学旅行やキャンプなどへの同行もありますよ。

もう一つは看護師や介護福祉士による生活支援。買い物や旅行、会食、結婚式への出席などで外出する際の同行支援や、家事、入浴介助などの生活支援、さらに自宅で最期を迎えたい方の支援などです。

初回相談は無料。料金は1時間当たり看護師同行が8000円、介護福祉士同行が4200円~(詳細はHP参照)。

サービスや料金の詳細はこちらから
https://www.medisupp-life.jp/

病気療養中に看護師の同行で孫の結婚式に出席し、大満足の利用者(1)

病気療養中に看護師の同行で孫の結婚式に出席し、大満足の利用者