“デイ嫌い”の男性がリピーターに! “福祉施設らしくない”デイサービス

介護施設を全国展開する㈱シダーが昨年5月、県内で初めてオープンした『あおぞらの里 西原デイサービスセンター』。ただ今、利用者を募集中。

最大の特色は“福祉施設らしくないデイサービス”。館内はカフェをイメージした食堂など居心地が良く、スタッフはおもてなしの心と丁寧な言葉遣いで接してくれます。

作業療法士が在籍し、リハビリに力を入れているのはもちろん、食事と入浴が充実した1日型のデイサービスです。筋トレ用の最新鋭マシンが各種そろい、お風呂は車いすの方が肩まで入れるリフト浴装備の大浴場と間仕切り付きの個浴場を用意。ストーマの方なども気兼ねなく入浴できます。

娯楽面ではカラオケルームやシアタールームが完備され、麻雀、囲碁、将棋も楽しめますよ。

利用満足度は高く、利用者の男女割合は男性が4割にも上ります。「全員参加型ではなく、自分がしたいことを自由に選ぶシステムが男性に好評で、“デイ嫌い”だった方がリピーターになった例もあります」と同センター。

定員1日80人。利用時間は選択可。送迎エリアは東区、中央区、北区の一部で広範囲。見学のほか、要介護認定者向けの体験利用(介護保険外の自主事業)も受け付け中。

※クーポンについては紙面をご確認ください

食堂を兼ねた広々としたフロア。機能訓練室も併設

タオルなど完備で手ぶらで入浴可。リフト浴も装備

防音装備で周囲を気にせず楽しめるカラオケルーム