三角(みすみ)西港の魅力伝える「三角カバン」

今回はいつもより足を延ばして、宇城市で見つけたアイテムをご紹介します。三角西港の物産館『ムルドルハウス』で販売されている「三角カバン」という帆布製トートバッグです。

三角西港内のレストランと物産館を運営する「桜屋」の野村博之さんによると、誕生のきっかけは約2年前、宇城市から店舗の運営を委託されたことでした。「“三角”の名前を覚えてもらえるような看板商品を作ろうと考えたんです」と野村さん。
懇意にしている東京のアパレル会社に協力してもらい、開発に取り組んだそう。

2wayトートバッグ 各3570円

船舶で使われる信号旗をタグとしてあしらっています

港の風景を模したイラストがかわいい「2wayトートバッグ」のほか、洗い加工されたトートバッグもおすすめ。B4サイズのファイルが入る大きさで、16オンスの厚口生地が使われているので丈夫。仕事用やマザーズバッグとしておすすめです。

また、大小から選べるポーチは手頃な値段で、お土産にピッタリ。薄くて軽いのも、観光客にはうれしいポイントです。カラーバリエーションは常時12色あり、選ぶのも楽しいですね。どれも素朴さがオシャレで、年齢・性別関係なく使えますよ。

519HAPPY図鑑トートバッグ

洗い加工の生地がオシャレな大容量の無地タイプ

519HAPPY図鑑ポーチ

カラーバリエーション豊富なポーチは、サイズも大小の2種類

熊本で活動するバッグ作家のMikoさんとコラボした商品にも注目。
野菜や果物を使って帆布にスタンプするデザインが特徴で、そこに三角町産の特産品であるレモンが使われています。宇城市のふるさと納税の返礼品にも採用されており、好評だそうです。

今後は新商品も登場する予定。一度手に取ってみて。(随時掲載)

519HAPPY図鑑MIKOバッグ

Mikoさんとのコラボバッグ。左は三角産レモン、右はからしレンコンのデザイン

519HAPPY図鑑アコウの木ポーチ

港内にあるアコウの木をデザインしたポーチは春限定商品で、パステルカラーがポイント

取材協力

店舗情報

ムルドルハウス

住所
宇城市三角町三角浦1263-5
TEL
0964-53-1284
営業時間
10時~17時
休業日
火曜

ぷにゃ子

車は助手席より運転席派のアラサー女性ライター。初めての土地でもカーナビなしで突き進みます(笑)。