[スタッフ咲が弟子入り]おっぱいの達人 桜田幸子先生直伝! オリジナルキャラクターの作り方

無類のイルカ好きで、幼い頃からイルカの絵を描き続けてきた咲。しかし、その絵はいつもワンパターン。そこで、すぱいすに連載の4コマ漫画「おっぱいの達人」でおなじみの桜田幸子先生に、生き生きとしたオリジナルキャラクターの描き方を教えてもらいました。

4コマ漫画家 エッセイスト
桜田幸子先生

どんな動物にも置き換えられるので、皆さんも世界に一つだけのキャラクターを生み出してみてくださいね!


(1)キャラクターの設定を考える

  • 性格は?→元気なチアリーダーのようなイルカ
  • 性別は?→女の子
  • 動きは?→跳びはねている感じ

(2)ベースとなるイラスト「元絵」を決める

今回は咲が描いた二つの絵(A・B)を元絵にしましたが、インターネットの画像検索などを利用して、好みのイラストをいくつか見つけるのも一つの方法です。

元絵は全て同じくらいの大きさにしておくと、のちのち便利です。


(3)トレース台を使い、鉛筆で体を描く

トレース台の上で、元絵を動かして角度を変えたり、他の元絵を組み合わせたりしながら、お気に入りのポーズを見つけて、鉛筆でなぞる。

Aの頭をなぞる

Bの尾びれを組み合わせる

Aの胸びれを合体!

AとBの元絵を組み合わせることで、新しい動きが生まれました!


〈トレース台とは…?〉

絵を複写するために使う光るボード。トレース台の上に複写したい元絵を置き、さらに紙を重ねて鉛筆でなぞります。

スマートフォンのライトを照らし、その上に透明の箱などをかぶせて代用もできます。


(4)表情を決める

トレース台を使い頭の部分だけを鉛筆でいくつか描き、さまざまな表情を試す。


(5)ペンでなぞる

トレース台を使って、(3)で描いた体と(4)の顔を組み合わせて下絵が完成。それをペンでなぞる。


(6)色を付ける

皿などに水性のカラーペンを直接塗り、水を付けた筆で溶いて薄め、色を塗ります。濃くしたい部分は、後から色鉛筆で重ね塗りをするときれいに仕上がります。


(7)完成!

吹き出しを付けてポストカードにしたり、プラバンにしたりしてみよう!

色は私の好きなピンク! リボンやポンポンも加えてみました!


熊日生涯学習プラザ講座の「桜田幸子のまんが&イラスト教室」でも教えています。

※上記講座の募集は秋ごろを予定。

お問い合わせ

熊日生涯学習プラザ

TEL
096-327-3125