『無印良品』と連携し新たな水プロジェクト始動!

夏場の水分補給、皆さんはどうしていますか。出先でペットボトル飲料水を購入する方も多いと思いますが、今夏はマイボトルにシフトしませんか。今年5月、熊本市と無印良品を展開する『株式会社 良品計画』が連携協定を結び、おいしい水と環境を守るさまざまな試みがスタートしました。早速、私たち母娘はマイボトル生活を楽しんでいます。

連携を機に、阿蘇の大自然が育んだミネラルウォーターを無料で給水できる「ボトル用給水機」が、市内6カ所に設置されました(県内の無印良品にも完備)。また、位置情報システムを使って最寄りの給水スポットまでのルートを検索できる「水アプリ」もあり、合わせて活用すると、「出先でボトルが空になっちゃった……」という時もスムーズに給水できます。「1日1本でも空のペットボトルを減らすことができれば、プラスチックごみ問題の改善に近づくはず」と、上下水道局の本田竜太郎さんも期待を寄せます。

熊本市庁舎1階に設置された給水機。常温・冷水や、給水する量を選べます。娘は宝探し感覚で給水スポットを巡っています

「MUJI WALKING」で提供される料理のイメージ

いらなくなった布や端切れを使ったボトルホルダーのワークショップも人気

他にも、毎月1回、楽しく学んで健康になれるイベント「MUJI WALKING」を開催。歩き方レクチャーを受けてウォーキングを楽しみ、『Café &Meal MUJI』でくまもと「水」検定3級講座を受け、最後は地下水かん養域で栽培された農作物なども取り入れた食事を堪能するという濃い内容。私も母娘で参加を計画中です。また、熊本のおいしい水を使ったコーヒーの入れ方講座などもあるので、詳しくは市HPをチェック!

『無印良品』の水ボトルは、フラットな形なのでバッグの中でもかさばらず持ち歩きやすいですよ(190円)

お問い合わせ

お問い合わせ


ジョセフィーヌ

4歳になる娘の育児と家事、仕事に、髪をかき乱して奮闘中。何気ない毎日を楽しく過ごす「モノ・コト」にアンテナを張っています♪