ライター直(なお)が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。(随時掲載)

からくり箱/氷川町

からくり仕掛けのミニチェスト

どんなに引いても引き出しが開かない! からくりが仕掛けられているため簡単には開けられないノートパソコン大のミニチェストを見つけました。

木工房ひのかわの古島隆さんが手掛ける「からくり箱」です。無垢材を使ったオーダー家具のほかに、こんな遊び心ある小物も製作しています。鍵がないのに施錠できたり、取っ手がなかったりと、古島さん考案の不思議なからくり箱は15種類。ミニチェストのほか食器棚、書棚、たんすの引き出しなどにも注文に応じて製作してくれ、からくりは本人にだけ伝授。

自分だけ開けることができるからくり箱。隠す物がなくても隠したくなっちゃいますよ。大切な思い出の品やジュエリーの保管などにいかがですか。

からくり箱は4万円~(※写真は木工房ひのかわ所有)

からくり箱は4万円~(※写真は木工房ひのかわ所有)

インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!