ライター直(なお)が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。(随時掲載)

注文・創作家具/氷川町

温かみを感じる無垢材の手作り家具

以前紹介した「木工房ひのかわ」で、もう一つすてきな家具を見つけました。時を経るほどに風合いと愛着が増す無垢材のオーダー家具を手掛ける同工房。1950年ごろまでは、五木村や五家荘の山から伐採された材木が氷川町に集まり、製材所や家具屋などが軒を連ねていましたが、今では同町で唯一の家具屋です。2代目の古島隆さんは、家具職人になって48年。お客さまの希望やこだわりをとことんかなえながら、100年使える家具を丁寧に製作しています。

工房隣のショールームに、存在感あるかっこいいイスがあります。座るところが少し広めで温かみを感じるウオールナット製。99年の熊本国体の際、天皇皇后両陛下のご観戦用として古島さんが製作したイスです。退職記念などに、ご夫婦でオーダーされる方も多いそうです。

ウオールナット製ロイヤルチェア22万円

ウオールナット製ロイヤルチェア22万円

【取材先】木工房 ひのかわ

問/木工房 ひのかわ TEL:0965-62-2133

インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!