ライター直(なお)が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。(随時掲載)

コーヒーカップ/泗水町

野の花が愛らしいカップで心ほんわかブレークタイム

季節の野の花を、優しいタッチで描いたコーヒーカップを見つけました。上絵付けの手法で、普段使いできる器を作る福吉直子さん(泗水直子窯)の作品です。陶器の多くは、素焼きした器に顔料を施し、釉薬(ゆうやく)をかけ本焼きをして完成させますが、福吉さんはさらに赤、紫、黄、青、緑、ピンクの6色を基本に絵を描き(上絵付け)、焼き付けるという作業を加えます。この手法は石川県の九谷焼などに見られ、県内では珍しいそう。

3度の窯入れを終え、描かれた野の花は、透明感ある鮮やかな色に発色。触れてみると、上絵付けした花の部分だけがふっくらと盛り上がり、描かれた野の花がなおさら愛らしく感じます。心がほんわかするブレークタイムを過ごせそうです。

コーヒーカップ(右手前)山帰来(サンキライ)(左奥)野菊、各2700円

コーヒーカップ(右手前)山帰来(サンキライ)(左奥)野菊、各2700円

[取材協力]泗水直子窯

問/泗水直子窯 TEL:0968-38-4545
県伝統工芸館 TEL:096-324-5133

インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!