ライター直(なお)が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。(随時掲載)

日傘/熊本市

夏のお出かけの必需品 大きなバラが大胆でかわいい

日増しに日差しが強くなり、日傘が欲しい季節になりました。せっかくならお気に入りを手にしたいと探していたら、大きなバラの絵柄が目を引く、きれいなピンク色の日傘を見つけました。

県伝統的工芸品に指定されている染色工芸家(日展会員)の高津明美さんの作品です。スケッチした絵を基に図案をデザイン。真っ白な布地に下絵を描き、ろうけつ染めの技法で薄い色から順に何度も色を重ねていきます。「日傘をさして太陽に透かしてみると、柄が違って見えるんです。それもまた楽しい」と高津さん。

汚れたら取り外して、漂白剤なしの洗剤で洗えます。色落ちすることもなく、長く愛用できそうです。ほかに浴衣や洋服、帽子、のれんなども、注文に応じてくれますよ。

日傘 1万6200円(写真)。1万4000円~あります

日傘 1万6200円(写真)。1万4000円~あります

【取材先】

ART GALLERY Takatsu Akemi

お問い合わせ

ART GALLERY Takatsu Akemi

住所
熊本市中央区白山3‐4‐2
TEL
096-373-7657
お問い合わせ

熊本県伝統工芸館

TEL
096-324-5133
インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!