ライター直が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。
(随時掲載)

ワイングラス(天草陶磁器)/天草市

白磁に輝く海松紋(みるもん) 伝統柄のイメージ一新

高品質な天草陶石を使い、普段使いの食器を中心とした磁器を手掛ける「高浜焼 寿芳窯」。歴史ある窯元から、シルバーとゴールドの海松紋柄が登場しました。

江戸時代中期に、同窯で描かれていたという海藻をイメージした海松紋は、同窯を代表するデザイン。これまで藍色や淡い赤色で絵付けされていましたが、色を変えただけで新しいアイテムに! 「特に若い女性に好評で、結婚祝いなどに喜ばれています」と同窯の古田寿昭工場長。

持ち手部分が細くスタイリッシュなフォルムで、透き通るような白磁に海松紋が輝きます。飲み口の薄さも特徴。ペアカップや深皿などもあり、シリーズでそろえるのもおすすめ。食器洗浄機で洗えますよ。

ワイングラス各5700円(税別)

ワイングラス各5700円(税別)

[取材先]

高浜焼 寿芳窯(天草市天草町高浜南598)

[取り扱い・問]同上 TEL:0969-42-1115
[取り扱い]県伝統工芸館 TEL:096-324-5133

お問い合わせ

取り扱い・問/高浜焼 寿芳窯

住所
天草市天草町高浜南598
TEL
0969-42-1115
お問い合わせ

取り扱い/熊本県伝統工芸館

TEL
096-324-5133
インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!