ライター直が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。 (随時掲載)

ゾウの置物(小代焼)/荒尾市

色も質感もアジアンテイスト 集めたくなる手のひらサイズ

小皿を背負い、前足を踏ん張る姿がユーモラスなゾウの置物。土の質感が伝わる光沢を抑えた色味や、ゴツゴツした手触りは、ちょっぴりアジアンテイストな雰囲気が漂います。小代焼窯元の中で最年少の中平(なかでら)窯・西川智成さん(26)の作品です。

小代焼は鉄分を多く含む小代粘土と、わら灰で作るうわぐすりを用いた歴史ある焼き物。素朴で力強い作風の小代焼の特徴が、手のひらサイズのオブジェからも感じられます。「作りたい」と「使ってほしい」の2つの軸で、器を中心に制作をする西川さん。サル、オオカミ、サイ、ゾウガメなど大小さまざまな動物の置物もその一つ。すてきな青色に発色したビールグラスなど普段使いの食器もあります。

小皿を背負ったゾウ(5000円)

【取材先】

小代焼 中平窯(荒尾市樺1182)

問い合わせ

店舗情報

熊本県伝統工芸館

住所
熊本市中央区千葉城町3‐35
TEL
096-324ー4930
店舗ホームページ
http://kumamoto-kougeikan.jp/
営業時間
9時~17時
休業日
月曜(祝日の場合は翌日、年末年始/12月25日~1月7日)
駐車場
あり
工芸ショップ匠
096-324-5133
インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!