酒好きもうなるノンアルコールワインに注目!

『プルミエ・クリュ』には、約10種類のノンアルコールワインがそろっています

『プルミエ・クリュ』のオーナー・北野さん

最近、ニーズの高まりを受け、酒店や飲食店のメニューに「ノンアルコールワイン」をリストインしている店がグッと増えてきました。

世界の食材とお酒がそろう『プルミエ・クリュ』のオーナー・北野さんによると、「以前は甘口のものが中心でしたが、年々味がアップデートされ、『これはおいしい!』と、自信を持って薦められる本格派も出てきた」そうで、同店でも常時10種類前後がそろいます。

中でもイチ押しは、フランス産の「ピエール・ロゼ ブラン・ド・ブラン」。キレのあるスキッとした辛口のスパークリングワインで、休肝日だけどどうしても飲みたい方や、妊婦や授乳中のママが記念日を祝う際にピッタリだとか。

また、番外編として「ドイツの天然炭酸水『ゲロルシュタイナー』は、ミネラル分が多く喉越しがキリッとしているので、水だけどノンアルコールワイン並みにおすすめ!」と教えてくれました。ボトル一本一本に手書きの商品紹介が添えられているので、ぜひお気に入りを見つける参考にしてください。
 

『タンポポ』で提供されているノンアルコールワイン(各グラス400円)

イタリアンレストラン『タンポポ』は、江津湖を見渡せるテラス席がベストシート。オープンエアーの開放感が「昼間からワイン!」という気分をかき立てるのか、ママ友ランチでスパークリングミニボトル(ロゼ・白)をオーダーする人も多いとか。これらをベースに使うことでノンアルコールカクテルの幅も広がったそう。グラスに陽光と緑が映え、インスタ映えも抜群です。ぜひ梅雨の晴れ間を利用して、リフレッシュタイムを過ごしてください。

取材協力


ジョセフィーヌ

2歳の娘の育児と家事そして仕事に、髪をかき乱して奮闘中。優雅な母娘ランチで程よく手抜きしながらリフレッシュしたい〜。