目の前で削るかつお節が絶品

 城見町通りに、かつお節がメインの珍しい店があると聞き、行ってきました。

『かつお茶屋』は、削りたてのかつお節のおいしさに感激したオーナー松﨑さんが、昨年4月にオープンした店。
こだわりのかつお節は、鹿児島県指宿市や枕崎市に足を運び吟味したもので、削りは金物の本場・新潟県燕市で修行したそう。「目で見て楽しんでほしい」という思いから、注文が入ってから目の前で削ってくれます。ちなみに、透明で中が見える削り器は、お客さんにもよく見えるようにと特注したものだそう。器も写真映えするような、かわいいものがそろっています。

定番の「かつお飯」(650円)は、ご飯の上にふわふわなかつお節が盛られていて、写真映えも抜群。削りたてのかつお節は、香りが良いのはもちろん、何もかけなくても味わい深く、ご飯が進みます。ちなみにご飯1杯までおかわり無料、「追いかつお」は何度でもOKで、女性でもおかわりする方が多いそう。

おいしいのはもちろん、フォトジェニックな「かつお飯」650円。お好みでしょうゆをかけていただきます。ご飯やセットの豚汁の野菜などは県産食材を使用

削った瞬間、かつお節の香ばしい香りがふわっと広がります。削っている場面を撮影する人も多いそう

そしてもう一品、「選べる出汁茶漬け」(900円)。鮭、明太子、葉わさびなど好きな具材を2つ選び、だしをかけていただきます。
私は一番人気という「かつおの漬け」と「親子(鮭・いくら)」をチョイス。同店自慢のだしは牛深産の雑節からとったもので、かつお節とはまた違った風味が味わえます。「かつおの漬け」は、甘いしょうゆがベースの漬け汁に新鮮な生かつおをサッと漬けたもので、これがまた絶品。どんぶり2つで量が多いのではと思いましたが、あっという間にさらっと完食してしまいました。

「想像を超えた“かつお節ご飯”のおいしさに感動するお客さんが多い」と松﨑さん。私も早速やみつきになりました。見て楽しむことにも重点を置かれていて、写真に収めたくなるものの連発でしたよ。今はランチタイムのみの営業ですが、テークアウトもあるので、おうちでも楽しみたいです。

「選べる出汁茶漬け」トレーや器なども写真映えします。雑節とかつお節の風味が合わさって、奥深い味わいに

ナツメ…好奇心旺盛な30代後半ライター。脂っこいものがもたれるようになってきて、体に優しい食べ物探しにハマっています。

店舗情報

かつお茶屋

住所
熊本市中央区下通1-4-3 1階
TEL
070-4448-6108
店舗ホームページ
https://www.instagram.com/katsuocyaya/
営業時間
11時~14時
休業日
木曜
備考
営業情報などはInstagram(「かつお茶屋」で検索)でチェック!