2/18(日)14時~ 5組限定で専門家がメリットを分かりやすく解説

最近、テレビなどでよく耳にする「ZEH」と「蓄電池」。どちらも環境と家計に優しい家づくりのための技術として注目されていますが、詳しく知らない方が多いのでは。『ブレスホーム』で2/18(日)14時~、「家づくりのためのZEH+蓄電池セミナー」が開催されます。先着5組限定、参加無料。電話でお申し込みを。

「ZEH」とは、家の断熱性を高めるなどして消費エネルギーを減らす“省エネ”と、太陽光発電で電気をつくる“創エネ”を併用し、消費エネルギーをゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のこと。当日は、県内でいち早く「ZEH」を取り入れた同社の相馬俊樹さんが、そのメリットを詳しく解説します。

■電気代を大幅に削減

また、「ZEH」と合わせて知っておきたいのが「蓄電池」。現在は、太陽光発電による余剰電力を売電するのが一般的です。しかし、そこに「蓄電池」を組み合わせることで、電気の“自給自足”と、高騰している電気代の大幅な削減が可能になるそう。「鈴木電設株式会社」の鈴木健太さんが分りやすくレクチャーしてくれます。子ども連れOK。ぜひ家族でご参加ください。

さらに、2/25(日)は「多肉植物の寄せ植え ケーキ仕立て」のワークショップも開催。詳細はお電話を。

「ブレスホーム」代表取締役/相馬俊樹さん

「鈴木電設株式会社」代表取締役/鈴木健太さん