県産材を使ったテーブルなど、木のぬくもりあふれる家具を展示・販売

オーダーメードの家具に定評があり、木のぬくもりあふれる暮らしを提案する工房『村右衛門クラフト 樹想館』では7/30(日)まで、県伝統工芸館1階展示室で「樹想展」を開催中です。開館9時~17時(最終日は~16時)。

同展では国産材を使用したオリジナルの家具をはじめ、花器やトレーなどの小木工製品を展示・販売。中でも、県産杉で作られたジョイントテーブルは自由自在に組み立てられ、生活スタイルに合わせて使えると評判です。

また、28(金)・29(土)には同会場で、小学生対象の「夏の木工教室」を開催! 各日、10時~12時・14時~16時で、各回先着4組。今なら、参加費300円が「すぱいすを見た」で無料に。詳しくはお問い合わせを。

お問い合わせ

「樹想展」会場 県伝統工芸館

住所
中央区千葉城町3-35
TEL
0966-35-7070

同工房オリジナルのジョイントテーブル。パーツを取り外しでき、テレビ台や棚、座卓などとしても使えます

写真は、木で作られたトレー。キッチン雑貨や小物も販売されます


店舗情報

村右衛門クラフト 樹想館

住所
人吉市鶴田町31-6
TEL
0966-35-7070
営業時間
10時~17時半
休業日
火曜