完全予約制 「こだわり夫婦が選んだカッコイイ家」

細部までこだわった家づくりを目指す『EDGE STYLE(エッジスタイル)』。4月27日(土)・28日(日)10時~17時、中央区神水で同社が手掛けた住宅の完成見学会が開催されます。完全予約制。

「せっかく家を建てるなら中途半端なものにしたくなかった」と話すのは施主のYさん。そもそも家を建てたいという気持ちは強くなかったそうですが、『エッジスタイル』を気に入っていた奥様と一緒に完成見学会に足を運ぶことに。そこでセンスが光る住まいに引かれ、さらにはカッコイイ家を追求する同社の武田社長と意気投合。その出会いから1年、まるでギャラリーのような住まいが完成しました。

■木・モルタル・鉄の素材感を生かした家

外観で目を引くのが白黒モノトーンのガルバリウムと鉄板の壁。室内の扉も鉄板、リビングや玄関の壁はモルタルを用いるなど、異素材をミックスした武骨でまさに「カッコイイ」デザインです。キッチンは機能性抜群の最高級ブランド「キッチンハウス」、食洗機は「ミーレ」など奥様のこだわりも詰まっています。さらに、ウオークインクローゼットの一部に入り口がわずか50cm、掘りごたつ席で秘密基地のような空間を造り、ご主人のおこもり部屋にするなど遊び心も満載。きっと“マイホーム熱”に火がつく人が続出する2日間になるはずです。

〈過去の施工例〉

■高い技術と情熱で夢をかなえる家づくり

高い技術に加え、限られた予算内でこだわりを妥協なく追求する同社。ユニークで情熱的な社長と施主のこだわりを上手に引き出し、それを見事に形づくるスタッフの人柄にも好感が持てますよ。独自の感性により期待以上の提案が聞けるはずです。家づくりを検討している方は一緒に夢をかなえませんか。完全予約制のため、事前にお電話を。

〈過去の施工例〉

とてもおしゃれでセンス抜群のY様ご夫妻。いつもお二人でエッジスタイルのオープンハウスに来て「毎回発見と収穫がある」と言ってくださいます。今回は白・黒・グレーで色を統一し、木・モルタル・スチールの素材感を生かした、まさしく「カッコイイ家」に仕上がっています。ぜひ足を運んで、家づくりのヒントを見つけてください。

設計デザイナー 市原友加里