脳神経外科医による健康寿命延伸対策セミナーも

介護が必要な人のために桜十字病院が考えた住まい『ホスピタルメント』の施設見学相談会(参加無料)が、8月24日(土)10時〜16時に開催されます。脳神経外科医による「健康寿命延伸対策」に関連したセミナーも同時開催(参加無料)。リハビリを行いながら健康に暮らせる“一生涯の住まい”を、自分の目で確かめてみませんか。

■介護型、住宅型など要介護度で選べる安心の暮らし

変化に富んだ日常を楽しみながら暮らせる『ホスピタルメント』。今回は、認知症の方も受け入れ可能な、『介護付有料老人ホーム ホスピタルメント桜十字』の施設見学会が行われます。スタッフによるサービスや費用の説明などもありますよ(個別対応も可)。本人はもちろん、ご家族など相談者のみの参加も可能です。
 
『ホスピタルメント』の特長は、何といっても病院が母体の有料老人ホームであるということ。母体となる桜十字病院の医師、看護師はもちろん、理学療法士が常駐しているので。医療のバックアップを受けながら、安心して暮らすことができます。介護型の他、住宅型など、さまざまな形態の施設があるので、要介護度や重視したい生活スタイルを考えた住まい選びも相談できます。自立から要介護5までの方の受け入れが可能。介護度が上がった方や、重度の認知症の方も対応できます。

■介護度や嚥下(えんげ)状態に合わせた食事に対応

日々の暮らしの中で、楽しみの一つとなるのが食事です。献立は、介護度や嚥下状態など、一人一人に合わせた食事を提供。器や盛り付けにもこだわりが見え、目でも楽しめる食事が、活力を与えてくれます。
 
四季折々の行事食や全国の郷土料理など、バラエティーに富んだメニューも評判です。
 
見学会のお申し込みはお電話で。

介護付有料老人ホーム『ホスピタルメント桜十字』

介護付有料老人ホーム『ホスピタルメント桜十字』


〈ホスピタルメントの特長〉
看護師・介護士が24時間常駐

看護師・介護士による夜間の定期巡回があり、開院時間内は、スタッフによる無償付き添いも。

桜十字病院が母体の有料老人ホーム

医療グループによる有料老人ホーム。土・日曜、祝日、入居者の入院受け入れも可能です。

看護・医療・管理栄養士、料理人が連携

栄養価に基づき管理栄養士が作る献立を料理人が調理。温かみのある陶器の器で、盛り付けも工夫されています。

総勢170人のセラピストが在籍

理学療法士など、リハビリのプロによるトレーニング(介護保険外)を受けることができます。

介護付有料老人ホーム ホスピタルメント桜十字

【施設概要】
■所在地/熊本市南区御幸笛田7-13-21
■事業開始年月/2008年6月
■施設類型/介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)
■入居資格/おおむね65歳以上(自立、要支援~要介護)※認知症の方も可
■居住の権利形態/利用権
■利用料の支払い/一時金と月払い併用(居室料は月額17万1100円~)
■事業主体・運営会社/株式会社桜十字(熊本市南区御幸木部1-1-1 TEL096-378-1111)
■構造/鉄筋コンクリート造2階建
■職員体制/看護職員7人、介護職員40人
■居室数/101室(内2人部屋9室)
■居室タイプ/全室個室(18~32平方メートル)
■入居時にかかる費用/入居申込金(75歳以上150万5710円、65歳以上75歳未満225万8570円、65歳未満301万1430円)・返還規定あり

〈セミナー参加者募集〉

健康寿命とは日常生活に制限のない期間のことです。平均寿命と健康寿命の差は「不健康な期間」を意味し、その原因として脳血管障害、認知症が多く占めます。これらは、いずれも脳に起因する病気です。健康寿命を延伸するために日常生活でできる対策を脳神経外科医の立場から紹介します。

健康寿命を延ばすために
~脳神経外科医の立場から~

日時:8月24日(土) 10時~11時(受付9時45分~)
場所:桜十字病院講義室(熊本市南区御幸木部1-1-1)
定員:30人(先着順) 
参加費:無料
申し込み締め切り:8月23日(金)

講師プロフィル
専門:脳神経外科 
略歴:2004年に熊本大学医学部脳神経外科教授就任、05年から熊本大学医学部附属病院(現 熊本大学病院)長、16年から現職

桜十字病院 院長 倉津 純一氏

桜十字病院 院長 倉津 純一氏

お問い合わせ

〈見学相談会およびセミナー申し込み先〉ホスピタルメント

TEL
0120-206-233 (9時〜17時)
店舗情報

ホスピタルメント桜十字

住所
熊本市南区御幸笛田7-13-21
TEL
0120-206-233
事業主体・運営会社
株式会社桜十字