【585号】夏場のビジネスシーンをチェック! においと香りのエチケット

SPICE ワーキングスタイル - 働く人を応援するページ

気温と湿度がぐんぐん上がるこの時季、気になるけれど、なかなか言い出せないのが他人のにおいや香りの問題です。特に、汗をかく夏場のビジネスシーンでは、体臭だけでなく、制汗剤や整髪料など、さまざまな“におい”が混在し、職場の環境によってはトラブルの原因になることもあるそうです。皆が快適に過ごせるよう、においと香りのエチケットについて考えてみましょう。

体臭の原因はどこから?

夏場、特に気になる代表的なにおいの原因と対処法を、共立美容外科熊本院の山田雅明院長に聞きました。

私たちが日常的にかく汗は無臭ですが、夏場は皮脂の量が増え、皮膚に残ったあかなどと皮膚表面の雑菌(常在菌)が反応し、においが発生します。時間を置かずにシャワーなどでにおいのもとを洗い流すのが効果的ですが、殺菌作用のあるシート、スプレーなどで、拭き取ったり、中和したりすることでも、においの抑制や軽減につながります。

体から発するにおいの原因は体質的なものだけでなく、食事や心因的なものなど、さまざまな要因があると考えられています。気になる場合は、漢方薬を用いた治療や神経ブロック注射などでも改善が見込めます。早めに専門医に相談してみましょう。

ワキガ臭

アポクリン腺+エクリン腺の混合物。主に低級脂肪酸を皮膚の常在菌が分解、発酵することで発生

汗臭

皮脂腺+エクリン腺の代謝、分解により発生

加齢臭

加齢により分泌する皮脂腺の脂肪酸の割合が変化することで発生

原因物質を「拭き取る」「洗い流す」「中和する」対策を


香りをプラスではなく、においのもとをOFF! 気を付けたいエチケット

自分の好きな香りが、他人の迷惑になってませんか?

皆さん、“スメハラ”という言葉を聞いたことはありますか? 「スメルハラスメント」の略で、においが原因で周囲に不快感を与えてしまうことを指します。口臭や体臭だけでなく、香水、柔軟剤、整髪料など、私たちが日頃愛用している好きな香りも、他人は不快に感じることがあります。においの感じ方には個人差があるので一概には言えませんが、中にはそのにおいが原因で、仕事に支障が出る人もいるようです。

また近年は、人工的に作られた香りに含まれる化学物質により体調を崩し、日常生活が困難になる人もいます。好きな香りは、出かける場所やつける量を考えて楽しむことが大切です。特に多くの人と接するビジネスシーンでは、香りは控えめに! 社会人としてのエチケットを守り、皆が快適に過ごせるよう心配りをしていきましょう。

◎スメルハラスメント対策として…

においのもととなっている人自身が、自分のにおいに気付いていない場合があります。故意ではないので、なかなか注意しにくいものです。そのような場合は、右上の3つのポイントを働く環境整備の一つとして会社全体に知らせるとよいでしょう。逆ハラスメントになることもあり、個人攻撃にならないよう配慮が必要です。

お話を聞いたのは

接遇マナーコンサルタント キャリアコンサルタント
山本 直子さん

香りに気を配るのは社会人としてのマナーです


[POINT 1]出かける場所

バスや電車など公共交通機関を利用する際や、限られたスペースでの会議、会食などの予定がある場合は、衣類なども含め、香りをつけないことを意識しましょう。制汗剤などは無香料のものをおすすめします。


[POINT 2]においの処理

汗をかいた後に、その上から香りのついたデオドラントミストやコロンを重ねづけするのは逆効果。汗をかいたらすぐに拭き取ることを徹底しましょう。夏場は汗脇パッドを小まめに替えるほか、直接肌に触れる下着や靴下などを1組持ち歩き、汗の量によっては着替えるといいですね。


[POINT 3]香りの量

すべての場所で香りがNGということではありません。TPOをわきまえ、身だしなみとしてほのかに香る程度であれば問題ないでしょう。ただ、香水やコロンは直接体につけるのではなく、空気中にワンプッシュしたものをまとうくらいにとどめましょう。


人工的な"香り"で体調崩す人も

「化学物質過敏症患者会 くまもとCSの会」に聞きました

化学物質過敏症(CS)は、建材や衣服などに含まれる化学物質により、頭痛やめまい、吐き気、呼吸困難などを引き起こす病気です。発症した人の中には、衣食住全てのものに反応し、家にいられなくなる人もいるそうです。近年は柔軟剤や整髪料など多くの商品に化学物質が使われており、これらにさらされることで多くの世代で発症する人が増えています。同会では「社会的マナーとして香りを見直すとともに、この病気に苦しんでいる人がいることを多くの人に知ってほしいです」と話しています。

化学物質過敏症患者会 くまもとCSの会

cs.kuma.info@gmail.com