【498号】第3回 今を楽しむ 未来に備える 30代、40代からの親子で考えるセカンドライフ

「子どもや孫たちと一緒に、セカンドライフを心豊かに過ごしたい」。そんな意欲的な人たちとその子ども世代に向けて、今を楽しむコツと未来に備える方法を伝える3回シリーズ(毎回8ページ)。最終回は、住まいや終活、趣味についてお伝えします。

第1回はこちら

第2回はこちら


[住まい編]自宅 or 施設? 老後の住まい選び

充実した老後生活を送るためには、体の状態に合わせて、住まいの形態や環境を変化させる必要があります。老後の住まいに関する手続きや選び方のポイントについて、専門家に聞きました。

話を聞いたのは

熊本市健康福祉局 福祉部 介護保険課 認定給付班 技術参事
松山 晶子さん

分からないことがあれば、遠慮なく相談窓口でお尋ねください


step 1 要介護(要支援)認定の申請

在宅でホームヘルパーなどを利用する場合も、施設に入所する場合も、介護サービスを受けたい人は、各区役所・総合出張所窓口に「要介護(要支援)認定」の申請をします。

対象

●65歳以上で、介護や日常生活の支援が必要な人
●40~64歳で、病気により介護や日常生活の支援が必要となった人

必要な書類

●要介護(要支援)認定申請書(窓口にある)
●介護保険証
●加入している医療保険の被保険者証(第2号被保険者の場合)
●主治医の氏名、医療機関が分かるもの

CHECK

まずは住まい選びについて、自宅で生活している人は「高齢者支援センターささえりあ」に、入院中の人は病院の相談員(ソーシャルワーカーなど)に相談してください。申請のアドバイスや手続きの代行をしてもらえます。


step 2 介護度の審査と認定

認定調査員による訪問調査の結果や主治医の意見書などをもとに、各市町村に設置されている介護認定審査会が審査を行い、介護を必要とする度合い(要支援1~要介護5の7段階)を認定します。この度合いに応じて、受けられる介護サービスの内容や、介護保険の利用限度額が異なります。

認定を受けた人は、「在宅で訪問介護を利用する」「介護老人福祉施設に入所する」など、どこでどのようなサービスを利用するかを選びます。


step 3 介護(介護予防)サービス計画 (ケアプラン)の作成

介護サービスは、1カ月の介護(介護予防)計画を立てて利用します。介護の計画は、本人と家族の希望を聞きながら、担当のケアマネジャー(介護支援専門員)が作成します。

[自宅]

在宅でサービス利用の場合

居宅介護支援事業者、または高齢者支援センターささえりあに相談し、担当のケアマネジャーにケアプランの作成を依頼します。

[施設]

施設入所の場合

入所を希望する施設へ直接申し込みます。入所した施設のケアマネジャーが、利用者に合った施設サービス計画を作成します。

ケアマネージャーとは?

介護を必要とする人や家族の希望を確認しながらケアプランを作成し、サービス提供事業者への連絡や手配などのサービス調整、申請、更新の手続きを代行します。


step 4 サービスの利用

ケアプランに基づいてサービスを利用します。

[自宅]

介護保険で受けられる、在宅サービスの例
訪問介護(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが自宅を訪問し、介護や生活援助などを行う。

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどで、入浴、食事などの提供や機能訓練を日帰りで行う。

短期入所サービス(ショートステイ)

施設に短期間入所して、日常生活上の支援や機能訓練などを受ける。

住宅改修(リフォーム)

要介護者等が暮らしやすく、また、家族の負担を軽くするため、将来を見据えて住宅をリフォームする。

住宅リフォームの例
玄関

開き戸を引き戸へ変更する、ドア幅を広くする、屋外と屋内の段差を小さくする、など。

トイレ

和式から洋式トイレにする、立ち座り用に手すりを設置する、入り口の段差をなくす、など。

廊下

動線に沿って手すりを付ける、廊下の仕上げ材料を滑りにくいものにする、など。

浴室

浴槽へのまたぎ段差を小さくする、手すりを設置する、暖房設備を設置する、など。

取材協力:一般財団法人 熊本県建築住宅センター


[施設]

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護などの日常生活上の世話や機能訓練、健康管理、その他必要な世話を行う。原則、要介護3以上の人が対象。

介護療養型医療施設(病院・診療所)

長期療養が必要な高齢者が入院して、介護などの世話や機能訓練などを受ける。

介護老人保健施設

病状が安定した人に、機能訓練を中心とする医療ケアや介護、日常生活上の世話を行う。

介護医療院

長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者を対象とし、「日常的な医学管理」や「看取りやターミナルケア」などの医療機能と、「生活施設」としての機能とを兼ね備えたサービスを行う。

施設選びのチェックポイント

・清潔感や職員の対応は良いか
・料理がおいしいか
・立地は良いか
・状態に合ったサービスが
受けられるか
・介護保険が適用されるか
・料金設定
など

※上記は要支援1・2の人は利用できません。
※施設は上記以外にもあるので、詳しくは専門家に 問い合わせてください。


[終活編]大切な人に思いを伝える エンディングノート Q&A

死と向き合い、最期まで自分らしい人生を送るための準備をする「終活」。近年はその一つとして、「エンディングノート」が注目を集めています。書くタイミングや書き方について、玉泉院の総館長で終活カウンセラーの田丸裕太さんに教えてもらいました。

Q1 エンディングノートとは?

A

法律的に効力のある遺言書や死に特化した内容である遺書と違い、大切な人に伝えたい思いや自分の死後にしてほしいことを書き記しておくもの。エンディングノートを書くことで、これまでの人生を振り返ることができ、これからどう生きたいのかを考えるきっかけになります。

また、自分の希望や考えを文字にすることによって漠然とした不安が減り、死と前向きに向き合い、今までよりも一層生き生きとした日々を送ることにもつながります。


Q2 書くタイミングとは?

A

身近な人の死を機に、「書こう」と思う人が多いようです。しかし、病気になり体が弱くなると記憶があいまいになることも多いので、体が元気なうちに取り掛かりましょう。

エンディングノートは、市販のノートやパソコンのワード・エクセルを使って作成してもいいですし、書店でも専用の商品が販売されています。子どもから親にプレゼントするケースもあるようです。


Q3 何を書けばいいの?

A

まずは、個人情報やこれまでの人生のことなど、自分史を書いてみましょう。また、介護・看病への対応や葬儀に関する希望、友人・知人の連絡先、財産のことなど、万が一のときに家族が困惑しないための情報を書きましょう。家族や友人に対し、感謝の言葉や思い出話などのメッセージを残すのもいいでしょう。

しかし、エンディングノートは書く項目が決まっているわけではありません。死後に伝えたいことや今の気持ちなどを素直につづり、自分らしいノートを作ってください。


Q4 書いた後はどうする?

A

エンディングノートは、書いたら終わりというものではありません。自身の健康状態や家族構成、資産内容などは変化していきますから、ノートの内容は定期的に見直すようにしましょう。何度も書き直せるよう、鉛筆で書いておくのがおすすめです。

また、内容や保管場所は家族と共有しておきましょう。いざというときに、「どういう意味か分からない」「どこにあるか分からない」ということがないようにしてください。


相続節税コラム

孫の教育資金の贈与は非課税!

孫の教育資金の贈与は、孫1人につき1500万円まで贈与税がかかりません(教育資金一括贈与)。令和3年3月31日までの贈与が対象です。金融機関などを通じて届け出が必要で、教育資金として認められるのは学校の入学金や授業料などで、証明としてレシートや領収証が必要です。原則、孫は30歳までに使い切らなければ課税されます。詳しくは専門家に問い合わせてください。


[旅行編]シニア夫婦も3世代家族も気軽に楽しめるクルーズ旅行

旅行好きなら誰もが一度は憧れるクルーズ旅。高額なイメージがありますが、近年は比較的安価なクルーズプランが登場し、シニア世代を中心に人気を集めているそうです。その魅力を探りました。

※画像は全てイメージです

なぜ今、クルーズが人気なの?

国内各地を周遊したり近隣の国を訪問したりしながら、船内でのアミューズメントや訪問地の観光を楽しむという、日本発着のクルーズプランが各旅行会社から発売されています。クルーズは「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」の3クラスがあり、カジュアルクラスなら、1週間ほどの旅程で1泊3食付き1万円台(1日あたり)~とリーズナブル。

船が移動するのはほとんど夜なので、部屋でぐっすり寝て目が覚めると次の寄港地に到着しています。日中が海の上という場合も、スポーツジムやプール、シアターなどの船内施設をほとんど無料で楽しめます。

就航しているのは海外の豪華客船が多数。まるで海外にいるような、非日常な時間を過ごせます

ソムリエおすすめのワインがそろうワインバーがある船も

ソムリエおすすめのワインがそろうワインバーがある船も

潮風を感じながらくつろげる屋外プール

潮風を感じながらくつろげる屋外プール

教えてくれたのは

H.I.S. 熊本本店
所長 藤瀬 真治 さん

事前に荷物を送っておくことができるので、旅行当日は身軽に乗船できます


シニア夫婦におすすめの理由

(1)移動が楽

ずっと同じ部屋に泊まるので、毎日荷造りをする必要がなく、重い荷物を自分で運ぶ面倒もありません。

(2)多彩な料理

船には、雰囲気やメニューが異なる複数のレストランがあり、その時の気分で選べます。日本食が食べられる船も。

(3)ショッピング

船内の店は全て免税。人気ブランド品から、訪問地のお土産、旅に必要な日用品まで品ぞろえが豊富です。


3世代家族におすすめの理由

(1)子ども料金が無料

大人2名と同室利用の13歳未満の子ども代金が2名分無料になります。(船によって割引内容は異なる)

(2)キッズエリア

子どもたちのためのアクティビティー施設や、多彩な体験プログラムなどが用意されています。

(3)船酔いの心配なし

飛行機のように気圧の変化がなく、また大型船ではあまり揺れを感じないため、船酔いの心配もありません。


クルーズプランをCheck!

シニア夫婦向け

2020年8月10日(月・祝)出発 ※横浜港発着
ワンランク上のプレミアム客船 サン・プリンセス 阿波おどりに沸き、世界遺産の地 熊野へ 釜山・徳島・新宮クルーズ7日間

2名1室利用、大人1人14万8,000円~

3世代家族向け

2020年5月2日(土)出発 ※横浜港発着
ゴールデンウィーク セレブリティ・ミレニアムで航く 奄美・沖縄・石垣島と台湾 南国クルーズ9日間

2名1室利用、大人1人14万9,000円~

プランに関する問い合わせ先

お問い合わせ

H.I.S.熊本本店

住所
熊本市中央区城東町2-20 明治安田生命ビル1階
TEL
096-312-0201
営業時間
11:00~19:00
休業日
なし

[豊かな暮らし編]サポート 機能がいろいろ シニア世代の車選び

運転中に前の車にぶつかりそうになったり、アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進したりするなど、思わず“ハッ”とした経験がある人も多いのではないでしょうか。特にシニア世代になるとその心配は増えてきます。そこで、購入する際の賢い車選びのポイントや、注目のサポート機能について聞いてきました。

「ぶつからない」「はみ出さない」「夜間も見やすい」さまざまな機能が充実したサポートカー

「今はまだ運転に支障はないけれど、夜間や雨の日は見えにくいことがありますね」という両角順一郎さん(69)。娘の坂本亜希子さん(37)と孫の翔麻君(8)、梨月(りつき)ちゃん(5)と、ネッツワールドアンビー合志店を訪れ、車のサポート機能について話を聞きました。

高齢者でなくとも運転する際にあるとうれしいのが、「ぶつからない」「はみ出さない」「夜間も見やすい」機能です。「今はこれらの機能が、ほとんどの車に標準装備されています」と同店の相原翼さん(26)は話します。歩行者や車両などの対象物を検知し、衝突の可能性があると判断すると、まずは警告音やブザー、ディスプレーで知らせてくれるそうです。

「サポート機能は、運転者の安全を100パーセント守るものではありませんが、多くの方がこの警告により自分でブレーキを踏み、大きな事故を回避できているようです」と相原さん。間に合わなかった場合でも、自動で衝突被害を軽減するブレーキが作動し、2段階で安全をサポートしてくれます。

「今すぐには必要ないけれど、装備として付いている車を選ぶと後々も安心ですね」と両角さん。「これから3世代で一緒に出かけたり、おじいちゃんにお迎えを頼んだりすることもあるかもしれないので、サポート機能が付いているといいですね」と娘の亜希子さん。家族の安心をさまざまな装備で準備できる今の時代。メーカーによってサポート機能が異なるので「購入を考えている」という人は、ぜひ販売店に相談してみてください。


注目のサポート機能を体験してきました!

Point(1)衝突被害軽減ブレーキ

ぶつかる危険のある車両や歩行者を検知すると、音や画面で知らせてくれます。それでもブレーキを踏めなかった場合、衝突被害軽減ブレーキが作動します。

Point(2)はみだしを“音と画面”でお知らせ

道路の白線(黄線)をセンサーで認識し、車線を越えそうなときは、ドライバーにブザーとディスプレー表示で知らせてくれます。

Point(3)夜間の運転しやすさをサポート

夜間走行中に先行車や対向車を検知した場合、ロービームに自動で切り替えてくれます。切り替え忘れはもちろん、操作の煩わしさも軽減。

プラスαの装備
踏み間違えの“ヒヤッと”を軽減

車庫入れなどで、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった場合も、静止物が接近すると自動でブレーキが作動します。

説明してくれたのは…

ネッツワールドアンビー合志店
相原 翼さん


高齢者でも安心 車選びのポイント!

その1 生活スタイルに合ったサイズ選び

最近のコンパクトカーは装備もしっかりして、ボディー強度も高くなっています。ダウンサイジングし、小回りの利くサイズを選ぶという選択肢もあります。

その2 乗り降りのしやすさ

今は乗り降りのしやすさなどを考慮した、スライドドアで低床の車種が人気です。特に高齢になると足の可動域が狭くなるので、低床のものを選ぶと乗り降りがしやすいです。

その3 汚れや傷が目立たない色

どの車種もカラーバリエーションが増えています。好きな色で選ぶのもいいですが、掃除が苦手、お手入れがおっくうという人は、シルバーや白は汚れ、傷が目立たないのでお勧めです。