【500号】オール男性スタッフによる「男」の不定期連載 すぱ男(だん) 第11回 首元で差をつける! マフラー&ストールで魅(み)せる冬コーデ[SPADAN Winter Fashion]

11月も下旬を迎え、冷え込みがいっそう厳しくなる今日この頃。マフラー&ストールの巻き物は防寒になるだけでなく、コーディネートにアクセントを加える大切な役割を果たします。今回は、ショップイチ推しのアイテムと、オシャレに見える巻き方を紹介します。

地味になりがちな冬スタイルを華やかに

首元を温かく包み込む「巻き物」は冬に欠かせない小物の一つ。幅や長さ、形の違いに加え、素材もウール、カシミアなどさまざまですが、「温かければいい」と毎年同じものを、ワンパターンの巻き方で身に着けていませんか。

実は巻き物こそ、暗くなりがちな冬のコーディネートで他の人と差をつけてくれる救世主なのです。鮮やかなカラーや柄物を首元に加えるだけで、普段と異なる印象に。さらに巻き方を工夫すれば「おしゃれ上級者」に見えるという優れモノ。“たかが巻き物、されど巻き物”なのです。

「マフラーやストールを巻くことで、相手の視線が上がり、小顔に見せる効果があります。また、長めのマフラーを前に垂らすと、縦のラインが強調され、スタイルを良く見せてくれます」とはスタイリストの田上裕理さん。「定番の黒に加え、今年はボルドーが人気。グレンチェックなどの格子柄もオススメです」。いつもと違う巻き方も取り入れて、寒い冬をオシャレに乗り切りましょう。


ピッティ巻き(ミラノ巻き)

「Johnstons of Elgin」マフラー3万5200円・ストール4万700円もあり

高級生地メーカーとして200年以上の歴史を誇る「ジョンストンズ」のカシミアマフラー。グレーを基調に蛍光イエローが入った今季限定カラーのマフラーは、モノトーンのコーデに華やかさを加えます(BROOK・西村孝之さん)。

1.片側を短く持って首に掛けます

2.長い方を首に一周させ、短い方(下側)を首元から引き出してループを作り、その中に長い方の端を入れ込みます

3.結び目のつぶれなどをきれいに整えれば完成


バック巻き

「P.Cornillon et cie」マフラー5500円

フランス有数の織物産地・リヨンで、50年以上の歴史を持つ「コロニヨン」。バック巻きで簡単に、無地トップスのアクセントになります。手頃な価格も魅力で、ストライプなど全10種類から選べます(ORANGECOUNTY・大島隆さん)。

1.マフラーを首に一周させ、両端を前に置きます

2.首の前でマフラーの左右を交差させて結びます

3.結び目を後ろに回し、両端を前に垂らせば完成


アフガン巻き

「ANEI」ストール1万7600円

やわらかな肌触りの緩めの編み地で、正方形に近いユニセックスなデザイン。堅い印象になりがちなロングコートに合わせるとバランスが取れ、優しい雰囲気になって女性ウケも良さそうです(fakejam・石川学さん)。

1.正方形のストールを対角線で少しずらして二つに折り、三角形を作ります

2.三角形の左右の角を首の後ろで交差させます

3.胸元の三角形と首元を整えたら完成


スタイリスト田上裕理のワンポイントアドバイス

今年の秋冬は"英国風クラシカル"がトレンド。ストールやマフラーで、さりげなくチェック柄を取り入れて、流行を押さえましょう♪
Profile 田上裕理さん

セレクトショップでバイヤーを務めながら大学生活を送り、卒業後はそのままアパレル業界へ。現在、KAB「くまパワJ」など多くのテレビ番組でスタイリストとして活躍中!