日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会


黒字が出ても会社が倒産することはあるの?

Q. 友人が会社を経営しています。業績が良いと聞きましたが、その友人から「お金を貸してほしい」と頼まれました。「経営は順調なはずなのに?」と不思議で…。黒字でも倒産することってあるんですか?(熊本市 60代 男性)

A.儲(もう)けとお金は別!手元にお金がなければ倒産します

まずは“儲けとお金は違う”ということを理解するのが重要です。簡単な例で具体的に考えてみましょう。

手元に現金が150万円あったとします。商品を100万円で購入し仕入れ業者に代金を支払いました。その商品を200万円で販売しましたが、クレジットカード決済だったため入金は来月です。

売上200万円から仕入れ100万円を差し引いた100万円が儲けになるのは分かると思います。一方、お金はいくらあるかというと、もともと手元にあった150万円から商品の購入代金100万円を引いた50万円です。

それでは、取引条件はそのままに、商品の販売が好調で販売個数が2倍になった場合はどうでしょうか。

売上は2倍の400万円、仕入れも2倍の200万円になるので、儲けの金額も400万円-200万円=200万円となり、2倍になります。ところが、残る現金は、手元の150万円から商品の購入代金200万円を引いてマイナス50万円となります。

このように、儲け=黒字が出ても、お金=資金がマイナスであれば倒産になることがあり得ます。今回のご質問では会社は儲かっているようなので、例えば「商品購入代金の支払時期を遅くしてもらう」「販売から入金までの期間が短いクレジット会社と取引する」「銀行からお金を借りる」などで、資金不足を回避することができます。

公認会計士 中村裕彦

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp
☆気軽にお寄せください