日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会


相続手続きが簡単になる「法定相続情報一覧図」って?

Q.法定相続に関して新しい制度が導入され、「法定相続情報一覧図」という証明書さえあれば簡単に手続きが済むと聞きました。それってどんな書類ですか? どうやって取得することができますか?(熊本市 50代 男性)
A.法務局で交付が受けられる、証明文付きの相続関係図です

今年の5月29日からスタートしている「法定相続情報証明制度」により、新しく法務局が交付している公的証明書が「法定相続情報一覧図」です。これまでは、戸籍謄本や除籍謄本といった“公的証明書の束”が各種手続きに必要でした。それに代わる、A4サイズ1枚の証明文付きの相続関係図です。

法定相続情報一覧図は法務局で交付が受けられます。申請するためにはまず、相続関係が分かる系図を作成します。法務局の窓口にその系図と、必要な戸籍謄本など一式を添付した上で、決められた書式で申し出ます。提出した系図に間違いがなければ、法務局が系図に証明文を付けてくれます。

相続登記や預貯金などの払い戻しといった各種手続きは、この証明文付きの系図1枚で可能になりました。また、それぞれの手続きに必要な分の複数枚を申請することもできます。ただし取得に際しては、具体的な理由の記載が必要です。

交付を受けられる法務局は、亡くなった方の住所や、申請する相続人の住所の管轄局になります。申請するそれぞれの事案によって交付を受けられる法務局が決まるため、事前に確認しておくことをお勧めします。また、遠方に住む方には郵送による取得方法も用意されているので、ぜひ利用してほしいと思います。詳しくはお近くの司法書士にお尋ねください。

司法書士 川越吉紘