日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会

退職後の生活苦…家を売らずに済む方法は?

Q.退職後に生活が苦しくなりました。持ち家を売ることも考えたのですが、生きている間はできれば住み続けたいと思っています。何か良い方法はないでしょうか? (熊本市 60代 男性)
A.高齢者向け融資「リバースモーゲージ」を利用してみては

住宅(不動産)を所有し、そこに住み続けることを希望する高齢者を対象とし、その不動産を担保に生活費を貸し付ける制度「リバースモーゲージ」があります。本人の死亡後は不動産を売却して、その代金を融資の一括返済に充てることになります。

一般的な住宅ローンは最初に借りて、借り入れた額を毎月返済するのに対し、リバースモーゲージは毎月借りて、最後(死後)にまとめて返済するのが特徴です。生きている間、自宅を売却することなく融資が受けられ、融資は生活資金以外(有料老人ホームへの入居費用など)にも利用できるため、高齢者にとっては非常に便利な制度です。

ただ、住宅を売るので、子どもたち(相続人)が相続できないことになりますし、長生きすれば債務額が不動産の評価額を超えてしまって、融資が止まる可能性もあります。

このようにリバースモーゲージにはメリットとデメリットがあり、貸付要件の審査(例えば、不動産鑑定士が土地の担保価値を評価して一定額以上あること、など)もあります。きちんと踏まえて検討したいものですね。

リバースモーゲージは、お住まいの市町村の社会福祉協議会や金融機関(銀行等)が取り扱っています。詳しく説明してもらえますので、ぜひ一度お電話してみてください。

不動産鑑定士 園田 修司

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp
☆気軽にお寄せください