日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会

契約社員は5年働いたら正社員になれる?

Q.現在、契約社員として1年ごとの契約更新を繰り返しています。その会社で働きだしてもう6年がたちますが、5年を超えて更新すると正社員になれると聞いたことがあります。本当ですか?(30代 女性 熊本市)
A.「無期転換ルール」によって有期が無期に

おそらく無期転換ルールのことだと思います。同じ会社(使用者)との間で、期間の定めのある労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者が申し込むことにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールのことです。平成25年4月1日に施行されているので、30年4月1日から多くの方に権利が発生しています。

原則として期間の定めがある労働契約が対象なので、契約社員やアルバイト等名称は問いません。会社に対する無期転換の申し込みは法律上、口頭でも大丈夫ですが、トラブルを防ぐため書面で行うことをお勧めします。お勤めの会社に所定の様式がないか確認してみてください。

さて、正社員になれるのかとのことですが、そもそも無期転換ルールは契約期間を有期から無期にするものなので、正社員になるといったルールではありません。給与等の労働条件については、原則として直前の労働契約と同じになります。ただ、会社によって人事制度が異なるため、詳細は人事担当者などに確認してみるとよいでしょう。また、熊本県社会保険労務士会の総合労働相談所〈祝休日を除く第1・第3木曜13時30分~16時30分、TEL.096-324-1365〉や、熊本労働局雇用環境・均等室でも相談を受け付けています。

社会保険労務士 西丸 兼生

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp☆気軽にお寄せください