日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会

増税前に、家を建てるタイミングは?

Q.実家の土地にマイホームを建てたいと思っています。来年秋に、消費税が8%から10%に上がりますが、その前に建てた方がお得ですか? (熊本市 30代 女性)
A.負担緩和の措置いろいろ 家族でよく吟味を

2019年10月1日から、消費税等の税率は軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率となります。

マイホームの建設には標準税率10%が適用されることから、建設費用2500万円の場合、消費税率8%と10%では50万円程度の差が生じることとなり、家計に及ぼす影響は大きいですね。

ただし、マイホーム建設のような請負工事等については、契約から引き渡しまで長期にわたるケースもあることから、経過措置が適用され、19年3月31日までに建築請負契約を締結しておけば、引き渡しが同年10月以降になっても契約時の消費税率8%に据え置きとなります。

さらに、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するため、「住まい給付金」の支給額が増額に。また、直系尊属からの住宅取得資金の非課税枠は現在、「最大1200万円」ですが、10%になると「最大3000万円」まで拡充されることもすでに決まっています。

消費税率の引き上げは、マイホームを検討する一つのタイミングではありますが、今後の資金計画や将来のライフプランをしっかりと立てることが何より重要です。家族とよく話し合い、増税で増える負担と、負担を緩和する制度とでどちらが有利か、専門家を活用してシミュレーションをしてみることも有効です。

税理士 稲岡 亜美

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp☆気軽にお寄せください