日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会

10%となる消費税の軽減税率ってなに?

Q. 10月に消費税が8%から10%に上がりますが、話題になっている軽減税率って何ですか? 食料品が8%で外食が10%? ファストフードや宅配ピザ、外食が多いわが家では大問題です。(40代 女性)
A. 特定品目を8%据え置きにする制度です

10月から消費税が10%に上がっても、特定の品目に対して消費税を8%のまま据え置く制度で、低所得者への負担をなるべく抑えるために制定されました。軽減税率8%の対象となる品目は飲食料品と新聞です!…と言い切りたいところですが、この中に除外項目があるところがちょっと分かりにくいですよね。特に飲食料品は、アルコール類や外食、ケータリングの一部が10%になります。

お尋ねのファストフード店のような外食店は、基本的に店内で飲食すれば外食となり消費税が10%かかります。しかし、テークアウト(持ち帰り)にすると8%になり、空腹感を少しだけ我慢して自宅に持ち帰れば消費税2%分を節約できることになります。同じ商品でも「店内での飲食か、テークアウトか?」で、支払う金額が違う結果になるわけです。

同じように、回転すし店ではお店で食べれば10%、持ち帰りのために返却不用の容器に詰めたおすしは8%に。行列に長時間並ばなければならないほど混んでいるときは、持ち帰りにした方が合理的でお得になるともいえるでしょう。

宅配ピザは、食品の単なる移動なので8%。ショッピングモールのフードコートで飲食すれば、お店が有する飲食設備を利用するということで外食に該当し10%です。

税理士 大石恭生

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp☆気軽にお寄せください