日々の暮らしのちょっと難解なお悩みに、弁護士や司法書士など専門士業の先生たちが答えます。
協力/熊本県専門士業団体連絡協議会

残業は何時間までなら大丈夫?

Q.金融機関で正社員として働いています。最近、定時(8時間勤務)になったらすぐ帰るように言われます。でも、仕事がなかなかさばけなくて…。法律上、残業は何時間までなら大丈夫ですか。(20代 男性)
A.時間外労働は月45時間・年360時間までです

労働時間は1日8時間・週40時間以内と、労働基準法で定められています。また、少なくとも週1回は休みを取る必要があります。これを超えて働くには、会社と労働者との間で残業の内容、残業時間の上限などを決めた協定(以下「36=さぶろく=協定」という)を作成し、それを労働基準監督署に提出しなければなりません。

何時間残業できるかとのご質問ですが、それは上司の指示があった範囲内で、36協定で決めた上限時間内まで働くことができます。36協定は会社の中で周知されていますので、確認してみてください。

なお、残業時間についてはこれまで、法律上では上限がありませんでした。しかし、2019年4月(中小企業の場合は2020年4月)から、罰則(6カ月以下の懲役または30万以下の罰金)付きの上限が法律で規定され、原則として月45時間・年360時間までしか時間外労働をすることができなくなります。ただし、特別な協定があれば、これを超えて働くことができます。

労働時間、時間外労働についてお悩みなどがあれば、熊本県社会保険労務士会の総合労働相談所〈祝休日を除く第1・第3木曜13時30分~16時30分〉 TEL:096-324-1365や、労働基準監督署でも相談を受け付けています。

社会保険労務士 西丸 兼生

相談募集

はがき・封書 〒860‐8506 すぱいす「お悩み相談」係(宛先住所は不要)
メール spice.spice@kumanichi.co.jp ☆気軽にお寄せください