電話応対や来社、訪問時に交わすお客さまとの会話、正しい敬語や丁寧語をマスターしておきたいものですね!

Lesson.11 「言葉遣い」

人としての品格が表れる言葉遣い 相手が心地よいと思える対応を

普段何気なく使っている敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語などがあり、シチュエーションに合わせて適切に使い分ける必要があります。また、“言葉遣いは心遣い”といわれるように、ちょっとした会話で相手に与える印象も変わり、ひいては人としての品格も表れます。

相手を大切に思う気持ちがより伝わるよう、動詞に「れる・られる」をつける尊敬語から「言い換えの尊敬語」に変えてみましょう。例えば「こちらにされますか?」を「こちらになさいますか?」、「お客さまが来られました」を「お客さまがいらっしゃいました」にすると、さらに相手を大切にしていることが伝わります。加えて「~できる」という言い方とも区別できます。

動詞 「れる・られる」を付加する尊敬語 言い換えの尊敬語
する される なさる
言う 言われる おっしゃる
来る 来られる いらっしゃる
見る 見られる ご覧になる
食べる 食べられる 召し上がる

これらの言葉は普段なかなかスムーズに出てこないかもしれませんが“習うより慣れろ”です。パッと出てこない言い回しは、よく目につく場所に書き出しておき、反復して使えるようにしてみましょう。
 敬語を上手に使えると、この人に任せてみようと思ってもらえ、仕事の幅を広げるチャンスも増えるでしょう。まずは、日頃よく使う言葉遣いから見直してみませんか。

接遇マナーコンサルタント
山本直子さん