転職を考えている人は、決断をする前に、仕事を辞めようと思った理由に向き合ってみましょう。

Lesson.12 「転職を考える前に」

自分の仕事を丁寧に振り返って、自分にとって大切にしたい価値観を探りましょう

仕事をしていると、思い通りにいかないことや、ミスを繰り返してしまうことは誰にでもあります。しかし最近、会社で嫌なことがあると、すぐに転職をしてしまうという人が多く見られます。

確かに、自分に合わないと思う会社で悶々(もんもん)と働き続け、現場のモチベーションを下げてしまったり、体を壊し、心を病んでしまったりするのは、本人にとっても会社にとっても不幸なことです。ただ、会社を辞めようと思うには、それなりの理由があるはずです。その理由に向き合わず、会社を辞めることで嫌なことから逃れる―の繰り返しでは、本当の仕事のやりがいや楽しさを見出すのは難しいかもしれません。

そこで、退職を決断する前にやってほしいのが、退職しようと思った理由を丁寧に振り返ることです。「自分のしたいことではなかった」「給料が安い」など、まずはネガティブな面が並ぶでしょう。しかしそんな中でも得るものはあるはずです。「〇〇のスキルが身に付く」「結婚・出産後も働きやすい仕組みがある」など、書き出すことで自分が不満に感じていることや仕事をする上で重視したい条件、貫きたい思いなどが見えてくるはずです。また、現在の仕事の棚卸しをして自分が面白いと感じた部分や苦手な部分を探ることも有効です。今は無料で相談できる公共の就職支援相談窓口もあります。

安易に転職を考えるのではなく、行き詰まったときには、一人で悩まず相談してみることをお勧めします。

小佐井佳奈子さん

キャリアコンサルタント
小佐井佳奈子さん